ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 水道 > より安全に水道水を利用するために > 地域水道ビジョンの作成を推奨します

ここから本文です。

更新日:2014年5月16日

地域水道ビジョンについて

厚生労働省は、平成25年3月に「新水道ビジョン」を作成し、水道関係者の共通の目標となる水道の将来像とそれを実現するための具体的な施策、工程を示したところですが、今般、下記のような水道事業者等の取組を推進するため、水道事業者自信が策定する「水道事業ビジョン」と、都道府県が策定する「都道府県水道ビジョン」の作成を推奨することとしています。

水道事業者の今後の取り組み

今日、各水道事業及び水道用水供給事業(以下、「水道事業等」)においては、施設の大規模な更新が必要となる中で安全・快適な水の供給や、災害時にも安定的な給水を行うための施設水準の向上等に向けた取組が求められるとともに、その基礎となる運営基盤の強化や技術力の確保等が必要とされています。

これらの課題に適切に対処していくためには、各水道事業者等が自らの事業を取り巻く環境を総合的に分析した上で、経営戦略を策定し、それを計画的に実行していくことが必須です。

詳細は厚生労働省健康局水道課のホームページをご覧ください

 

お問い合わせ

環境部水大気環境課

電話番号:026-235-7176

ファックス:026-235-7366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?