ホーム > 片桐ダムの概要その1

ここから本文です。

更新日:2018年8月27日

松川ダム管理事務所

片桐ダムの概要その1

ひろがる明日へ 片桐ダム

このダムは治水、流水の安定及び水道用水の確保を目的とした、多目的ダムです。

片桐ダムは、下伊那郡松川町の西部、天竜川水系松川の天竜川合流点より約7km上流地に建設された重力式コンクリートダムです。松川は、町のほぼ中央を西から東へ流れ、天竜川に注ぐ一級河川です。下流一帯には、約180haの水田が開け、農業用水の水源としての重要な役割を果たしています。

しかし、河床勾配が約16分の1と急であることから、過去度々洪水が起こり、沿岸は大きな被害を受けてきました。一方、伊那谷は中央自動車道の開通に伴い、大きな発展が見込まれると同時に生活水準の向上から、水需要の急激な増加が予想されています。こうしたことから、ダム建設の声が強まり昭和51年度から実施調査を始め14年の期間をかけ、平成元年度完成となりました。

この片桐ダムの完成は、今後の地域発展に大いに役立つものと期待されています。

 

片桐ダム下流面 片桐ダム上流面
片桐ダム下流面 片桐ダム上流面

 

1 洪水から地域を守ります。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・治水

ダムへ洪水を一時貯留し、下流への洪水を減少させ、沿岸地域を水害から守ります。

平石橋基準点において、最大、50年に一度の規模に相当する洪水量毎秒310m3/sを毎秒240m3/sに減少させます。

 

2 川にうるおいをもたらします。・・・・流水の正常な機能の維持

松川を年間を通してさかなの住める豊かな川に変え、人々の憩いの場とします。

さらに、沿岸にある水田約180haの耕作が、安心してできます。

 

3 豊かな生活用水を供給します。・・・・・・・・・・・・・・・上水道

ダムに水道用水として10万m3の水を貯留して、松川町での1日3,500m3の取水を可能にします。

 

事業計画概要図

事業計画概要図

 

 

次のページ

 

次のページ

 

お問い合わせ

所属課室:長野県松川ダム管理事務所 

長野県飯田市上飯田8181-27

電話番号:0265-23-0622

ファックス番号:0265-23-0621

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?