松本家畜保健衛生所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

かほだより

PDF形式で掲載しています。

番号

発行年月

内容

13 2017年11月

冬こそ畜舎内の換気を意識しましょう(PDF:507KB)

12 2017年11月

島根県の死亡野鳥でインフルエンザ簡易検査陽性反応(PDF:869KB)

11 2017年10月

1回目バルク乳検査の成績について(PDF:388KB)

10 2017年10月

~ご協力お願いします~ 薬剤耐性に係るアンケート調査について(PDF:171KB)

9 2017年9月

鶏病講演会のご案内(PDF:283KB)

8 2017年9月

秋・冬季に向けた豚流行性下痢(PED)の侵入防止対策を今一度ご確認ください!(PDF:193KB)

7 2017年8月

高病原性鳥インフルエンザを考えるシンポジウムが開催されます(PDF:184KB)

6

2017年8月

血乳の混入に注意しましょう!(PDF:435KB)

5 2017年7月

牛さんも夏バテ対策が必要です!(PDF:744KB)

4 2017年7月

養鶏衛生対策研修会のご案内(PDF:407KB)

3 2017年6月

暑さ対策始めてますか?(牛以外)(PDF:466KB)

2 2017年6月

暑さ対策始めてますか?(肉牛)(PDF:813KB)

1 2017年6月

暑さ対策始めてますか?(乳牛)(PDF:913KB)

14 2017年3月

公共牧場入牧前に検査とワクチン接種!(PDF:307KB)

13 2017年2月

今シーズンに発生した高病原性鳥インフルエンザの疫学について(PDF:443KB)

12 2017年1月

家畜衛生研修会を開催します(テーマは100%子牛を生ませ、100%育てる!です)(PDF:275KB)

11 2016年11月

豚流行性下痢(PED)の侵入防止対策は万全ですか(PDF:140KB)

10 2016年10月

鳥インフルエンザ対策の確認をお願いします(PDF:227KB)

9 2016年10月

酪農公開講座が開催されます!(PDF:146KB)

8 2016年6月

酪農生産性向上対策事業のバルク乳検査が始まります(PDF:183KB)

7 2016年6月

母牛へのワクチン接種で子牛を守ろう(ワクチネーションプログラム)(PDF:156KB)

6-1 2016年5月

豚の暑熱対策、ハエ対策(PDF:212KB)

6-2 2016年5月

鶏の暑熱対策、ハエ対策(PDF:205KB)

6-3 2016年5月

めん羊・山羊の暑熱対策、ハエ対策(PDF:211KB)

5 2016年5月

牛のサシバエ対策、暑熱期の繁殖管理、暑熱対策(PDF:373KB)

4 2016年5月

農林水産省が「牛ウイルス性下痢・粘膜病に関する防疫対策ガイドライン」を策定しました(PDF:110KB)

中信家畜畜産物衛生指導協会による牛ウイルス性下痢ウイルス及び牛白血病ウイルス検査事業の概要(PDF:110KB)

3 2016年4月

牛ウイルス性下痢ウイルス及び牛白血病ウイルスの侵入・まん延防止にご協力を 公共牧場入牧前に検査とワクチン接種(PDF:233KB)

2 2016年4月

家畜伝染病予防法に基づく検査へのご協力をお願いします(PDF:158KB)

1 2016年4月

平成28年度もよろしくお願いいたします(PDF:162KB)

17 2016年1月

家畜衛生研修会を開催します(PDF:259KB)

16 2016年1月

謹んで新年のご挨拶を申し上げます(PDF:225KB)

15 2015年12月

飼養衛生管理基準の再徹底をお願いします!!(PDF:339KB)

14 2015年11月

PED県内初発農場の現状(PDF:131KB)

13 2015年11月

中信家畜畜産物衛生指導協会で新たに消毒機を整備しました ~石灰散布による畜舎消毒等にもご活用ください~(PDF:904KB)

12 2015年11月

PCR検査とはどんな検査?(PDF:372KB)

11 2015年10月

来春に向けた蜜蜂の飼養管理(PDF:484KB)

10 2015年9月

まだ間に合う!サシバエ対策!!(PDF:484KB)

9 2015年7月

豚流行性下痢発生から1年(現状と今後の対応)(PDF:159KB)

8 2015年7月

牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD・MD)の侵入防止・まん延防止及び 牛白血病感染拡大防止のための器具等の洗浄・消毒方法(PDF:377KB) 

7 2015年7月

~牛の健康管理講座~「ビタミンEのお話し」(PDF:289KB)

6 2015年6月

~牛の健康管理講座~「血液検査項目のお話し」(PDF:331KB)

5 2015年6月

夏場における受胎率確保対策について(PDF:759KB)

4 2015年4月

豚流行性下痢発生農場の現状(PDF:166KB)

3 2015年4月

牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD・MD)の侵入防止・まん延防止にご協力ください 【公共牧場入牧前に検査とワクチン接種を!】(PDF:548KB) 

家畜生産農場清浄化支援事業牛白血病(BL)及びBVD検査申込書(PDF:41KB)

2 2015年4月

平成27年度から馬伝染性貧血検査の対象が「すべての馬」となります(PDF:186KB)

平成27年度から肉用繁殖牛のヨーネ病検査が「4年に一度」となります(PDF:186KB)

1 2015年4月

平成27年度を迎えて(PDF:153KB)

22 2015年3月

牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD-MD)清浄化及び牛白血病(BL)感染拡大防止に地域一丸となって取り組みましょう!(PDF:208KB)

21 2015年2月

牛の呼吸器病が流行しています(PDF:411KB)

20 2015年1月

鳥インフルエンザを絶対に入れない(PDF:397KB)

19 2015年1月

韓国で口蹄疫が継続的に発生(PDF:401KB)

18 2015年1月

家畜衛生講習会を開催します(PDF:193KB)

17 2015年1月

予断を許さない豚流行性下痢(PDF:167KB)

16

2015年1月

謹んで新春のご挨拶を申し上げます(PDF:218KB)

15

2014年12月

口蹄疫・鳥インフルエンザの発生リスクが高まっています(PDF:805KB)

14

2014年10月

豚流行性下痢(PED)対策の再徹底を(PDF:199KB)

13

2014年9月

御嶽山、有史以来4度目の噴火 家畜・飼料作物等への影響は・・・(PDF:122KB)

12

2014年9月

「家畜防疫における衛生対策演習」のご案内(PDF:324KB)

11

2014年8月

韓国における口蹄疫発生情報(PDF:322KB)

10

2014年8月

高病原性鳥インフルエンザの特定症状を確認した場合に届出を!(PDF:422KB)

9

2014年7月

牛の健康管理講座「ビタミンAのお話し」(PDF:327KB)

8

2014年6月

「牛受精卵移植(ET)技術研修会」を開催します(PDF:100KB)

7

2014年6月

豚流行性下痢(PED)の侵入防止のため車両消毒を徹底しましょう(PDF:94KB)

6

2014年6月

マイコプラズマ乳房炎に要注意(PDF:692KB)

5

2014年5月

「乳牛の大敵、暑い夏」 地球激変化の時代を乗り切ろう!!(PDF:930KB)

4

2014年5月

安曇野市で発生したPEDの疑い事例について・現状と防疫対策強化のお願い(PDF:409KB)

3 2014年4月

明日は我が身、平成22年度の口蹄疫感染拡大を忘れていませんか(PDF:359KB)

2 2014年4月

牛白血病のまん延防止及び牛ウイルス性下痢・粘膜病の清浄化に地域一丸で取り組みましょう(PDF:462KB)

1 2014年4月

平成26年度業務スタッフ及び家畜保健衛生所主要事業の年間スケジュール(PDF:232KB)

8 2014年3月

予防注射料金の改定について(PDF:220KB)

7 2014年2月

家畜伝染病の侵入を防ぐために、改めて飼養衛生管理基準の順守をお願いします(PDF:532KB)

6 2013年11月

医薬品等の使用規制の強化について(PDF:218KB)

5 2013年10月

高病原性鳥インフルエンザ防疫研修会を開催します(PDF:310KB)

4

2013年9月

牛受精卵移植(ET)研修会を開催します(PDF:125KB)

3 2013年8月

鶏舎の暑熱対策を再確認しましょう!(PDF:170KB)

2 2013年6月

肉用牛の遺伝性疾患「IARS異常症」が農林水産省から公表されました!
(PDF:169KB)

1 2013年5月

長期予報では今年も暑い!!今から暑熱対策を始めましょう!!(牛の暑熱対策について)(PDF:342KB)

7 2013年2月

○関東・甲信越地区鶏病技術研修会を開催します!<No.7>

6 2012年10月

○牛流行熱にご注意ください!<No.6>

5 2012年10月

○鳥インフルエンザを防ぎましょう!!<No.5>

4 2012年10月

○黒毛和種の平成24年度第1回育種価解析結果が公表されました<No.4>

3 2012年8月

○動物用医薬品の残留事故を防ぎましょう<No.3>

2 2012年6月

○黄色ブドウ球菌による乳房炎を防止しましょう
○ハエ対策について~基本は卵・幼虫・サナギの発生源対策~
<No.2-1>

○近隣国における口蹄疫、鳥インフルエンザの発生状況
○牛の呼吸器病関連ワクチンを接種しましょう
○家畜防疫互助基金に加入しましょう
○牛白血病(成牛型)を予防しましょう
<No.2-2>

1 2012年4月

○近隣諸国で鳥インフルエンザが継続発生しています。
飼養衛生管理基準を守りましょう<No.1-1>

○近隣諸国で口蹄疫が継続発生しています。
飼養衛生管理基準を守りましょう<No.1-2>

○馬インフルエンザを予防しましょう。馬伝染性貧血の検査を
受けましょう。飼養衛生管理基準を守りましょう<No.1-3>

3 2012年1月

アジア地域では鳥インフルエンザが発生しています。注意しましょう!

2 2011年12月

飼養衛生管理基準をしっかり守りましょう!(鶏とその他の家きん)
※防鳥ネットの破損等を再チェックしましょう!
※飼養衛生管理基準チェックシート(鶏とその他の家きん用)

1 2011年4月

牛結核病・ブルセラ病・ヨーネ病検査が始まりました
※アカバネ病ワクチン接種を行いましょう
※平成23年度松本家畜保健衛生所職員

9 2011年2月 高病原性鳥インフルエンザウイルスの侵入を防ぎましょう!
※(裏面)飼養衛生管理基準チェック表(鶏
8 2010年12月 「飼養衛生管理基準」を遵守し、家畜を伝染病から守りましょう!
※飼養衛生管理基準チェック表(牛・豚・鶏)
7 2010年11月 島根県で高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜が発生!
(裏面:農林水産省プレス)
6 2010年11月 抗菌性物質は適正に使用しましょう!~動物用医薬品と飼料添加物~
5 2010年10月 高病原性鳥インフルエンザ対策の再確認を!!
4 2010年10月 “木曽牛”優良生産研修会が開催されます
3 2010年7月 「牛受精卵移植(ET)推進研修会」を開催します
&県が実施するET業務の概要
2 2010年6月 宮崎県では口蹄疫の発生が継続しています
消毒方法を再確認し、効果的な消毒を徹底しましょう!!
1 2010年4月 動物用医薬品の取扱を適正に!!
平成22年度松本家畜保健衛生所職員が替わりました
6 2009年10月
(10月14日)
新型インフルエンザ対応にご協力ください
~養豚農場での当面の対応方針について~
5 2009年10月
(10月14日)
新型インフルエンザ対応にご協力ください
~家きん農場での当面の対応方針について~
4 2009年10月
(10月14日)
技術セミナーを開催します!
テーマ~畜産物の安全性を担保する家畜の飼養技術~
3 2009年7月
(7月1日)
牛受精卵移植(ET)のご相談は家畜保健衛生所へ&暑熱対策
2 2009年5月
(5月14日)
黒毛和種肉用牛の育種価(平成20年度第2次解析)公表(表面裏面
1 2009年4月
(4月13日)
野生動物の侵入防止対策に万全を!!(職員が異動しました)
4 2008年11月
(11月27日)
流行期目前!高病原性鳥インフルエンザ対策の再確認を!!
3 2008年11月
(11月16日)
乳質改善(体細胞対策)しましょう!
2 2008年9月
(9月9日)
受精卵移植(ET)のすすめ(PDF形式244KB/2ページ)
1 2008年6月
(6月27日)
暑い夏を乗り切ろう<暑熱対策を万全に!>(PDF形式599KB/4ページ
10 2008年3月
(3月21日)
長野県のと畜場検査申請書の様式が変更されます(PDF形式59KB/4ページ)
9 2007年12月(12月18日) 牛呼吸器病6混ワクチン(IBR6混・BVD不活化)接種のおすすめ(PDF形式615KB/2ページ)
8 2007年10月(10月9日) 薬事法等の法令遵守による畜産物の安全性の確保等のお願い(PDF形式51KB/2ページ)
7 2007年8月(8月31日) 安全・安心な畜産物を生産するために(PDF形式26KB/2ページ)
6 2007年8月(8月27日) 動物用医療機器を販売・賃貸する方々へ(PDF形式26KB/2ページ)
5 2007年6月(6月29日) 生産性向上のため、家畜保健衛生所等が養豚農家を巡回します(PDF形式53KB/1ページ)
4 2007年5月(5月22日) 消毒のポイント(PDF形式31KB/2ページ)
3 2007年5月(5月22日) アカバネ病のワクチン接種はもう済みましたか?(PDF形式34KB/2ページ)
2 2007年5月(5月10日) 高病原性鳥インフルエンザ清浄国に復帰しました(PDF形式34KB/2ページ)
1 2007年4月(4月23日) 粗飼料に起因する中毒に気を付けましょう(PDF形式27KB/2ページ)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

松本家畜保健衛生所 

電話番号:0263-47-3223

ファックス:0263-47-0101

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?