ホーム > 「おいしい信州ふーど(風土)」プレミア企画 信州ジビエ×NAGANO WINEの特別授業&晩餐会を開催!! ~ジビエとワインを事例に地域資源を生かした産業づくり、ブランド化の動きをお伝えします~

ここから本文です。

更新日:2018年2月2日

「おいしい信州ふーど(風土)」プレミア企画

信州ジビエ×NAGANO WINE の特別授業&晩餐会を開催します!!~ジビエとワインを事例に地域資源を活かした産業づくり、ブランド化の動きをお伝えします~

長野県(農政部・林務部・産業労働部・観光部)プレスリリース 平成30年(2018年)2月2日

 県では、農林業や自然生態系等に被害を及ぼすようになったニホンジカを地域資源と捉え、ジビエとしての活用を推進しています。また信州ワインバレー構想のもと、遊休農地がワイン用ブドウ畑として利用される事例も増えています。今回の企画では、ジビエとワインに焦点を当て、地域資源を活かした産業づくりやブランド化について現場の方々がお話しするとともに、信州ジビエの美味しさを信州産ワインなどの「おいしい信州ふーど(風土)」と共に味わっていただきます。

 日時

平成30年2月24日(土)13時30分~19時00分

会場

いいオフィス上野(東京都台東区上野2-18-7 共同ビル3F)

主催

長野県 信州ジビエ研究会

テーマ

「ニホンジカ問題からジビエを考える~いただいた命を無駄なく活かす~」

内容

第1部 特別授業 信州ジビエの背景を学ぶ 13時30分~16時00分 定員100名

(1) 取組紹介 「ニホンジカ問題とジビエ振興」

(2) 現場報告 「ニホンジカの捕獲と活用の最前線」

(3) パネルディスカッション 「ニホンジカを地域資源と捉え、ジビエ文化を育てる」

コーディネーター:「おいしい信州ふーど(風土)」大使 香取みゆき氏

パネリスト:ハンター 竹内清氏、農業者 小林弘也氏ほか

第2部 晩餐会 山の幸・野の幸のマリアージュ 16時30分~19時00分 定員50名

信州ジビエ、 NAGANO WINE を楽しむ(アミューズ、ジビエ料理4品、デザート、シードル&信州産ワイン4銘柄)

※香取氏が信州ワインバレー構想・NAGANO WINE を紹介し、ワイン生産者の中島豊氏(ドメーヌナカジマ)が自身のワイン造りを語ります。

申込先

農産物マーケティング室(詳細は下記イベントチラシをご覧ください)

取材について

当日取材を希望される方は、事前に農産物マーケティング室(担当:小林)へ連絡をください。

 

担当部署 農政部 農産物マーケティング室
担当者  (室長)中山 武幸 (担当)小林 恭介
電話

026-235-7217(直通)

026-232-0111(代表) 内線3031

ファックス  026-235-7393
メール  marketing@pref.nagano.lg.jp
担当部署 林務部 鳥獣対策・ジビエ振興室
担当者  (室長)佐藤 繁 (担当)神谷 一成
電話

026-235-7273(直通)

026-232-0111(代表) 内線3264

ファックス 026-235-7279 
メール  choju@pref.nagano.lg.jp
担当部署 産業労働部 日本酒・ワイン振興室
担当者  (室長)宮澤 勉 (担当)西澤 俊樹
電話

026-235-7126(直通)

026-232-0111(代表) 内線2941

ファックス  026-235-7197
メール  jizake@pref.nagano.lg.jp
担当部署 観光部 信州ブランド推進室
担当者  (室長)塩川 吉郎 (担当)山浦 義晴
電話

026-235-7249(直通)

026-232-0111(代表) 内線3546

ファックス  026-235-7257
メール  brand@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?