ホーム > 特別支援教育 > 自律教育シリーズ 第2集

ここから本文です。

更新日:2016年8月15日

自律教育シリーズ第2集

 

目次

 

1支援の実際編

Q1トラブルを引き起こす子と周囲の子への対応は?(PDF:854KB)
⇒まず、この子の思いを聴き、周囲の子へもそれを伝えます

Q2目立たないけれど実は困っている子への支援は?(PDF:821KB)
⇒気になることを書き出したり、広く支援を求めたりします

Q3大泣きしたり動かなくなったりする子への支援は?(PDF:1,132KB)
⇒心理学上の知見も利用し、チームで継続的な支援を行います

Q4教室を出て別の場所に居るようになった子への支援は?(PDF:1,421KB)
⇒予定表を利用し、目当て・見通しのもてる学校生活づくりを図ります

Q5本人や周囲の子どもたちが障害について理解するためには?(PDF:893KB)
⇒開かれた学級を前提とし、保護者との連携を丁寧にすすめます

Q6一斉授業での、効果的な配慮は?(PDF:850KB)
⇒認知特性を基に、その子の特性に応じた授業改善をします

「支援の実際」のまとめ(PDF:203KB)

2校内体制編

Q7分りやすい授業にするための指導の工夫にはどんなものが?(PDF:677KB)
⇒同僚と協力して授業の見返しをし、できそうなところから始めます

Q8チーム支援に、スムーズにつなげるには?(PDF:582KB)
⇒自律教育コーディネーターとの相談からはじめます

Q9校内委員会をもつ時間がなかなかとれない時には?(PDF:521KB)
⇒会議は意思統一の場とし、情報交換は形にとらわれないものにします

Q10部活動の中で困っていることが分った時、担任はどうする?(PDF:631KB)
⇒担任と顧問が情報交換し、困っている場での支援を工夫します

Q11不登校の子への段階的な支援とは?(PDF:694KB)
⇒安心できる居場所からスタートし、段階的に活動範囲を広げます

Q12全教職員の共通理解に基づく緊急時の対応は?(PDF:723KB)
⇒全教職員が状況を理解し、緊急時の対応マニュアルを用意しておきます

Q13大規模校で機能する校内体制の組織づくりは?(PDF:622KB)
⇒小委員会を複数設け、それぞれにサブコーディネーターを置きます

Q14支援の緊急性を把握し、それに応じた対応をしていくためには?(PDF:485KB)
⇒チェック表を作成して緊急度を判断すう方法もあります

Q15インシデントプロセス法による児童生徒理解とは?(PDF:1,601KB)
⇒誰もが参加でき、成就感がもてるよい方法があります
資料1:研修の流れ

Q16高等学校におけるLD・ADHD生等への対応は?(PDF:1,008KB)
⇒養護教諭等のコーディネートで支援チームを立ち上げます

Q17校長が自律教育の推進において配慮していくことは?(PDF:969KB)
⇒慣例にとらわれない柔軟な対応をしている例があります

Q18スクリーニングチェックリスト実施の目的と保護者の承諾の必要性は?(PDF:680KB)
⇒困っていることに気づき、保護者と共に支援するために使います

「校内体制」のまとめ(PDF:217KB)

 

3校外との連携編

Q19新小学1年生が、スムーズに学校生活を始めるには?(PDF:515KB)
⇒入学前から支援情報を交換し合い、それを入学後に活かします
資料2:小学校から保育園へのお願い(PDF:1,110KB)

Q20中学校生活に不安がある子にかかわる小学校と中学校との連携は?(PDF:838KB)
⇒得た情報から、本人のいちばん不安なことに対策を立てておきます

Q21保護者の同意に基づく医療機関と連携した支援は?(PDF:806KB)
⇒本人と保護者の安心感を最優先し、組織で動きます

Q22教職員だけでは支援が十分に行えない時には?(PDF:1,562KB)
⇒地域の専門家と共にという発想をもち。ケア会議から始めます
資料3:個別の指導計画(PDF:907KB)

Q23地域の子育て支援センターの主な機能とは?(PDF:865KB)
⇒学校ではできにくい支援の窓口となります

Q24外部の専門機関と連携を図るためには?(PDF:1,071KB)
⇒ニーズに合った専門機関は、ネットワークづくりの中で出会えます

Q25子どもの支援に加えて保護者への支援も必要な場合は?(PDF:1,045KB)
⇒福祉機関と連携し、多くの窓口からの支援を依頼します

Q26保護者の信頼を得て連携して支援するには?(PDF:591KB)
⇒まず保護者の思いに共感することから始めます

Q27集団生活への適応が難しい生徒の進路選択への支援は?(PDF:1,282KB)
⇒自分の特性を理解し、自己決定できるようにします

Q28盲・ろう・養護学校から幼稚園・保育所への支援は?(PDF:817KB)
⇒教育相談担当者が支援チームの一員になる場合もあります

Q29盲・ろう・養護学校が作成する関係諸機関との「連携マップ」とは?(PDF:630KB)
⇒その地域における支援情報の提供が受けられます

Q30盲・ろう・養護学校のセンター的機能とは?(PDF:1,630KB)
⇒専門家が対応し、諸検査や研修会の講師も可能です

Q31自律教育相談の内容と申し込み方法は?(PDF:669KB)
⇒教育事務所や総合教育センターが対応します。電話で申し込みます

「校外との連携」のまとめ(PDF:215KB)

4理解・啓発編

Q32地域の方々に障害に対する理解啓発を進めるためには?(PDF:1,373KB)
⇒参加型の研修プログラムを利用して理解を深めた例があります

Q33障害や校内支援体制等に対するPTAの理解を得るには?(PDF:718KB)
⇒機会を捉え、知識だけに終わらない啓発活動に心がけます

Q34LD・ADHD等の理解をすすめる具体的な方法は?(PDF:808KB)
⇒疑似体験や読み合わせのための本の紹介も有効です

「理解・啓発」のまとめ(PDF:219KB)

 

自律教育コーディネータのマナー(PDF:194KB)

スクリーニングチェックリスト(改定版)(PDF:844KB)

平成16年度自律教育研究委員会(PDF:11KB)

 

リンク

  • 自律教育シリーズ第1集みんなで支援みんなが笑顔
  • 自律教育シリーズ第3集みんなで支援みんなが笑顔-自律教育校内支援体制事例集-

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局特別支援教育課

電話番号:026-235-7432

ファックス:026-235-7459

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?