ここから本文です。

更新日:2017年7月21日

          
 やまびこ国体とは 

大会報告書より開会式の様子
                                                (やまびこ国体報告書から)

開催期間

開催期間
冬季大会 昭和53年(1978年)1月22日~1月25日(スケート競技会・アイスホッケー競技会)
昭和53年(1978年)2月19日~2月22日(スキー競技会)
夏季大会 昭和53年(1978年)9月10日~9月13日
秋季大会 昭和53年(1978年)10月15日~10月20日

スローガン

「日本の屋根に手をつなぐ」
  
日本の屋根信州で、長野県民をはじめすべての国民が友情の輪を広げる情景を表現しています。

シンボルマーク

やまびこ
緑の三角形がやまなみを、オレンジの円が人の和を表現しています。


テーマ

「やまびこ国体」

長野県の山なみに、スポーツマンの声がこだましている情景を表したもので、若さ、交流、新鮮さを表現しています。 


国体マスコット

やまびこ国体マスコット
県の鳥らいちょうをデザイン化したもので、国体の意識を高めるため、やまびこ国体から初めて登場しました。

 

     
競技会場

競技会場(別ウィンドウで開きます)(PDF:30KB) 

 

やまびこ国体の成績

男女総合1位の「天皇杯」、女子総合1位の「皇后杯」を獲得

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局スポーツ課

電話番号:026-235-7442

ファックス:026-235-7476

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?