ホーム > 教育委員会の組織 > 教学指導課課紹介 > 第42回全国高等学校総合文化祭長野大会(2018信州総文祭)関連イベント

ここから本文です。

更新日:2017年2月20日

  第42回全国高等学校総合文化祭長野大会情報(平成30年8月開催)

全国高等学校総合文化祭とは

nabisuke

大会マスコットキャラクター
信州なび助

   昭和52年から開催されている全国の高校生による国内最大規模の芸術文化活動の発表の場であり、高校生の創造活動の向上や相互交流を深めることを目的としています。

〇長野大会
    大会期間
  平成 30 年8月7日(火)~ 11 日(土) 5日間

   大会愛称     「2018信州総文祭」

 大会テーマ  「みすずかる信濃に若木は競い森を深める
         やま          たね
          
          山脈渡る風に種子を拡げて」  

〇 主 催
    文化庁、公益社団法人全国高等学校文化連盟、長野県、長野県教育
委員会、開催地市町、開催地市町教育委員会、長野県高等学校文化連盟

 

第42回全国高等学校総合文化祭の開催地が長野県に正式決定しました!

  平成28年6月8日付けで文化庁次長から開催地決定の通知がありました。

  文化庁通知(PDF:154KB)

大会テーマの毛筆表現作品、大会シンボルマーク、ロゴが決定しました!

大会テーマの毛筆表現 決定作品

   昨年度、長野県内の高校生を対象に公募しました大会テーマ(毛筆表現)について、審査の結果、
 最優秀作品が決定しました。

 

  [ 最優秀作品 ]

大会テーマ毛筆表現

                             (望月高等学校(平成27年度2年生) 椎橋 留奈さんの作品)

 

  • 応募総数 4 3 7 作品 (29校より応募がありました)

     たくさんのご応募ありがとうございました!

          

大会シンボルマーク、ロゴ

大会シンボルマーク

大会ロゴ

大会シンボルマーク

左上の円弧は、種子を拡げる風を表現し、吹き始めの部分は山脈の峰の形で切り取られています。

大会ロゴマーク

山脈(やま)渡る風によって拡がった種子が発芽しているイメージです。
2018の0を望遠鏡のレンズに見立て、望遠鏡の向こうに信州の山並みが見えます。

(県高等学校文化連盟 美術・工芸専門部制作)

 

平成27年1月15日(金曜日)「信州なび助」が大会マスコットキャラクターとして正式に任命されました


 平成24年まで県の観光情報ナビゲーションの仕事を担当していた「信州なび助」。しばらく”無職”であったなび助は、この度正式に大会マスコットキャラクターとして復活することとなりました。

 なび助の産みの親である株式会社まちなみカントリープレス様と長野県観光協会、長野県教育委員会の三者間でなび助の譲渡・使用許諾調印式が行われ、全国高等学校総合文化祭長野大会生徒実行委員の生徒さんから任命状がなび助に手渡されました。

 今後の「信州なび助」の活躍に期待しましょう!

大会テーマ・大会愛称・大会マスコットキャラクター決定!


 大会テーマ・大会愛称・大会マスコットキャラクターが、県総文祭の総合開会式で行われた全国高総文祭1000日前イベントでお披露目されました。(詳細は下記からご覧ください)

 1000日前イベントの様子   

大会テーマ・大会愛称・大会マスコットキャラクター決定!(PDF:433KB) 

大会PR

 〇 PRポスター

 

2015年ポスター

ポスター

2016年ポスター

2016ポスター

 

 

ページの先頭へ戻る

総文祭推進室紹介ページへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室

電話番号:026-235-7438

ファックス:026-235-7495

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?