ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 2018信州総文祭お弁当コンテスト 表彰式及び試食会を開催します(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室)

ここから本文です。

更新日:2018年2月9日

2018信州総文祭お弁当コンテスト 表彰式及び試食会を開催します

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成30年(2018年)2月9日

 

平成30年8月開催の第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文祭)で、全国から参加する高校生に提供する「おもてなし弁当」のメニューを募集したところ、383作品の応募がありました。

1次審査(書類審査)及び2次審査(試食審査)を行い、「主食」「主菜」「副菜」それぞれ最優秀作品1品、優秀作品4品、入選数品を選出しました。

このうち、最優秀3作品について表彰式を行うとともに、試食会を行います。

 

開催日時

平成30年2月19日(月) 11:45~12:30

場  所

県庁8階 教育長室

最優秀賞受賞作品

部門

メニュー名

学校

作成者

主食

信州のおいしさつまったおやき

松本美須々ケ丘高校

一志・中沢・前田・花岡グループ(3年)

主菜

新感覚!りんご山賊焼き

松本美須々ケ丘高校

三浦・大久保・平井・宮沢グループ(3年)

副菜

さっぱりキノコのおひたし

上田千曲高校

上原 優奈さん(2年)

 参加者(敬称略)

 ・松本美須々ケ丘高校  一志明希奈(3年)、三浦鐘太(3年)
                 保坂美代子(学校長)、宮坂知子(教諭)

・上田千曲高校  上原優奈(2年)、松沢武人(学校長)、石坂寿子(教諭)

・産業(家庭)部会  薄井康央(部会長、諏訪実業高校長)、浦原麻紀(生徒部会代表、上田千曲高校2年)

 

【参考】おもてなし弁当について

産業(家庭)部会がメニュー作成を担当し、大会期間中5日間、毎日違ったメニューのお弁当を提供できるよう、5種類のメニューを作成します。

コンテストの1次審査では30作品を書類選考により選出、2次審査では弁当調整業者による試作品の試食審査で、「主食」「主菜」「副菜」それぞれ5作品(合計15作品)を選出しました。

現在、これらを含めた全メニューを部会と弁当調整業者で開発中です。 

 

 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署

第42回全国高等学校総合文化祭実行委員会事務局

(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室内)

担当者 (事務局長)加藤 浩  (担当)白木 貴仁
電話

026-235-7440(直通)

026-232-0111(代表)  内線4406

ファックス 026-235-7457
メール sobunsai@pref.nagano.lg.jp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?