ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 2018信州総文祭プレ大会を開催します!(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室)

ここから本文です。

更新日:2017年12月8日

2018信州総文祭プレ大会を開催します!

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成29年(2017年)12月8日


第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文祭)に向け、美術・工芸部門、器楽・管弦楽部門、弁論部門のプレ大会を開催します。

どなたでも自由にご覧いただけますので、ぜひお越しください。

 

部門名

美術・工芸

器楽・管弦楽

弁 論

日 時

12月14日(木)~17日(日)

 9:00~17:00
 (入場16:30まで)

 ※最終日9:00~15:00
  (入場14:30まで)

12月17日(日)

 開場 9:00
 開会式 9:30~10:00
 演奏 10:00~15:30
 閉会式 15:30~16:00

12月17日(日)

 受付 9:15~
 開会式 9:45~
 発表 10:25~
 閉会式・講評など 14:35~

場 所

サントミューゼ(上田市) ホクト文化ホール(長野市) サンテラスホール(東御市)

高校生からのメッセージ

県内から選抜された生徒作品250点余りを展示します。また、17日には部門式典や講演会・講評会も行います。
交流会行事では、信州りんごを題材に作品制作をする他、練習を重ねてきた対話型鑑賞も実施します。

開幕を告げる華やかな開会式にはじまり、9つの弦楽合奏、7つのギター・マンドリンの演奏、それぞれの合同演奏、そして閉会式はご来場のみなさま全員で「ふるさと」を歌います。
多彩な演奏をたっぷりとお楽しみ下さい。
15名の弁士と1名の基準弁士(採点の基準の確認のため、全弁論の最初に行う弁論の弁士)が熱弁を奮います。
1、2位になった弁士は2018信州総総文祭弁論部門の県代表に、3位になった弁士は基準弁士になります。
交流会を含め、長野県らしい弁論大会を作り上げます。

 

 

 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 第42回全国高等学校総合文化祭実行委員会事務局
(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室内)
担当者 (事務局長)加藤 浩  (担当)山田 文
電話

026-235-7438(直通)

026-232-0111(代表) 内線4433

ファックス 026-235-7457
メール sobunsai@pref.nagano.lg.jp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?