ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 2018信州総文祭に向けて生徒実行委員会と特別支援学校がシードペーパーの制作をスタートします(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室)

ここから本文です。

更新日:2017年12月6日

 2018信州総文祭に向けて生徒実行委員会と特別支援学校部門がシードペーパーの制作をスタートします

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成29年(2017年)12月6日


平成30年8月開催の第42回全国高等学校総合文化祭(2018信州総文祭)の全県企画「シードペーパー・キャラバン 想いの種を拡げよう -咲け、僕らの花-」で、来場者に配布するシードペーパーを生徒実行委員会と特別支援学校部門が協力して制作します。

共同制作に取りかかるスタート式を開催します。

日 時

平成29年12月11日(月) 16:15~16:45

場 所

松本養護学校(松本市今井1535)

内 容

2018信州総文祭生徒実行委員長と特別支援学校部門生徒実行委員長がシードペーパーの制作開始を宣言し、実際に紙漉き作業をデモンストレーションします。

出席者

2018信州総文祭生徒実行委員長 伊那北高等学校2年 桐山 尚子

特別支援学校部門生徒実行委員長 松本養護学校高等部2年 百瀬 十六音

特別支援学校部門部会長 安曇養護学校長 小林 智明

松本養護学校長 片桐 義章

【参考】シードペーパーについて

古紙を再利用し、花の種を漉き込んだ紙。一晩水につけて土に置くと、10日ほどで発芽する。

古紙は生徒実行委員が持ち寄った牛乳パックを再利用し、種はエクセラン高等学校から提供されたマリーゴールドや千日紅など10万粒の種を使用する。

特別支援学校の生徒と協力して生徒実行委員が手作りする計画。

 

 

 

担当部署

第42回全国高等学校総合文化祭実行委員会事務局

(教学指導課全国高等学校総合文化祭推進室内)

担当者 (事務局長)加藤 浩  (担当)横内 佳代
電話

026-235-7440(直通)

026-232-0111(代表) 内線4406

ファックス 026-235-7457
メール sobunsai@pref.nagano.lg.jp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?