ホーム > 教職員情報 > 懲戒処分等の指針

ここから本文です。

更新日:2017年9月8日

懲戒処分等の指針

 教育委員会では、職員が違法行為や非行等を行った場合の懲戒処分等の標準的な量定や懲戒処分等を行った場合の公表基準を明らかにすることにより、職員の自覚を求め、もって教育に携わる職員の非違行為の防止・抑制を図るため、平成18年6月13日に懲戒処分等の指針を策定しました。

改正履歴

  • 平成18年11月20日 飲酒運転事故の厳罰化等
  • 平成23年3月18日 児童生徒に対するわいせつな行為、体罰に関する非違行為等の整理
  • 平成25年1月24日 公表基準の見直し等
  • 平成25年5月30日 教職員の非違行為に係る公表ガイドライン策定に伴う公表基準の削除
  • 平成26年3月13日 公務外非行のわいせつな行為関係の厳罰化等
  • 平成29年8月24日 ハラスメントに対する標準量定を明確化

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育政策課

電話番号:026-235-7421

ファックス:026-235-7487

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?