ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 教職員のわいせつな行為根絶のための自己分析支援チェックシートを導入します

ここから本文です。

更新日:2017年11月2日

教職員のわいせつな行為根絶のための自己分析支援チェックシートを導入します

長野県(教育委員会)プレスリリース平成29年(2017年)11月2日

 わいせつな行為は、個人の内面に深くかかわり、他人が踏み込みにくいことや依存症とも考えられるケースもあることから、教職員が自ら気づき、陥りやすい危険性を理解して自ら行動するため、専門家と共同して自己分析支援チェックシートを作成しました。

1 経 過

  平成28年度に教職員によるわいせつな行為事案が複数発生し、児童・生徒や保護者をはじめとする県民の学校教育に対する信頼が大きく揺らいだため、平成28年10月26日にわいせつな行為根絶のための特別対策を策定し、取組を進めています。
 このたび、専門家と共同して「自己分析支援チェックシート」を作成するとともに「チェックシートと連動した相談窓口」が整備できましたので、県内公立学校において導入します。

2 実施方法等

(1)実施方法 各学校の非違行為防止研修会(校内研修)において実施
(2)対象者  県内公立学校全教職員
(3)時期   年内に各学校で実施(毎年1回行う予定)


3 作成者とともに概要を説明します

(1)日時   平成29年11月9日(木曜日) 午後3時15分
(2)場所   県庁8階 教育委員会室
(3)説明者  ・NPO法人性犯罪加害者の処遇制度を考える会
        性障がい専門医療センター(SOMEC)代表理事 福井裕輝
                      ・県教育委員会


※ なお、同日午後1時30分から午後3時まで、福井代表理事を講師に迎え当事務局職員を対象とした研修会を開催しますので、報道機関で取材を希望される方は、事前に下記担当までご連絡ください。

担当部署 長野県教育委員会事務局教育政策課総務係
担当者

(課長)堀内 昭英

(担当)金井 伸樹

            海谷 茂登子

電話

026-235-7421(直通)

026-232-0111(代表) 内線4313

ファックス  026-235-7487
メール  kyoiku@pref.nagano.lg.jp


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育政策課

電話番号:026-235-7421

ファックス:026-235-7487

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?