ホーム > 教育委員会の組織 > 心の支援課 > 人権教育 等 > 心の教育・長野フォーラム

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

心の教育・長野フォーラム

 長野県教育委員会と、「共育」クローバープラン推進委員会(※)では、「豊かな心をはぐくむ人間関係づくり」をテーマに、私たち大人のあり方を振り返り、学校・家庭・地域での心の教育について語り合う「心の教育 長野フォーラム」を毎年開催しています。
 このフォーラムは、平成6年度に「道徳教育フォーラム」として開始され、以後、名称を変えながら継続し、平成17年度から「心の教育・長野フォーラム」となり、現在に至っています。
 ここ数年は、「共育」クローバープランに関わる講演や分科会を行い、意見交換等をとおして、大人も子どもも共に豊かな心を育んでいく機会としています。 

/kyoiku/kyogaku/gakko/sonota/images/clo.gif
※「共育」クローバープラン推進委員会:
「共育」クローバープランの理念に基づき、地域社会の各界からの意見を聞きながら、今後の学校、家庭及び地域社会全体における道徳教育の推進を図ることを目的としています。委員は、学識経験者、企業関係者、社会教育関係者、PTA関係者、学校教育関係者等から県教育委員会が依頼しています。

心の教育・長野フォーラム2017

開催日:平成29年10月28日(土曜日)
場  所:千曲市更埴文化会館

心の教育・長野フォーラム2016

 「心の教育 長野フォーラム2016」の講演では、長野県教育委員、北野建設CSR推進室スキー部ゼネラルマネージャーの荻原健司さんから「強い心を育てる ~オリンピック選手育成現場の取組から ~」の演題でお話をいただきました。
 ご自身の競技生活をもとにしながらの選手育成や心をはぐくむ取組のお話をしていただきました。

 分科会では、「共育」クローバープランの四つの実践を各地域や団体等で取り組まれている方々をお招きし、お話をお伺いしました。
 また、フロアの方々と意見交流を行い、四つの実践に取り組むことの大切さを確認し合いました。

28フォーラム写真

[講演をされる荻原健司さん]

心の教育 長野フォーラム2015

 長野県教育委員会と「共育」クローバープラン推進委員会では、「豊かな心をはぐくむ人間関係づくり」をテーマに、私たち大人のあり方を振り返り、学校・家庭・地域での心の教育について語り合う「心の教育 長野フォーラム2015」を開催しました。講演では、SBC信越放送アナウンサーの宮入千洋さんから「アナウンサーでなければ意識しなかったこと」という演題でお話をいただきました。ご自身の子育てをもとにしながらの「共育」クローバープランについてのお話や、アナウンサーとして感じられているコミュニケーションについてのお話をしていただきました。
 途中には「読み聞かせ」も披露していただきました。

 分科会では、「共育」クローバープランの4つの実践を各地域・学校等で取り組まれている方々をお招きし、お話をお伺いしました。
 また、フロアの方々と意見交流を行い、4つの実践に取り組むことの大切さを確認し合いました。

 

心の教育・長野フォーラム2015

 [読み聞かせをされる宮入千洋さん]

 ▲このページのトップへ 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局心の支援課

電話番号:026-235-7450

ファックス:026-235-7495

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?