ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成30年(2018年)7月プレスリリース資料 > 地域のお宝、お見せします「長野県の遺跡発掘2018」伊那巡回展を開催します 7月13日(金)~ 8月2日(木)長野県伊那文化会館

ここから本文です。

更新日:2018年7月11日

地域のお宝、お見せします 「長野県の遺跡発掘2018」伊那巡回展を開催します 7月13日(金)~ 8月2日(木)長野県伊那文化会館

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成30年(2018年) 7月11日

長野県立歴史館では、平成29年度の発掘調査による最新の出土品などを公開する「長野県の遺跡発掘2018」巡回展を、長野県伊那文化会館で開催します。

1 開催場所

長野県伊那文化会館美術展示ホール(伊那市西町5776 春日公園内)

2 開催期間

平成30年7月13日(金)~8月2日(木) 9:00~17:00(入館は16:30まで)

(休館日:毎週月曜日)

3 観覧料

無 料

4 展示内容

・「長野県の弥生時代」をテーマに、県内市町村教育委員会等が発掘調査した遺跡の資料を展示。 

 4会場を巡回する【巡回展示】と会場ごとに地域の遺跡を展示する【地域展】で構成。

・長野県埋蔵文化財センターが平成29年度に発掘調査した遺跡の資料を展示。

・長野県立大学建設に先立って発掘調査を行った遺跡の資料を展示。

※展示会及び関連イベントの詳細は、以下リンク先のチラシをご覧ください。

5 パネルデイスカッション

・日時と場所:平成30年7月14日(土) 13:00~15:00 伊那文化会館中ホール

・テーマ  :「長野県南部の弥生文化を考える」

・パネリスト :小池岳史 (茅野市教育委員会)、宮坂清 (下諏訪町教育委員会)、福島永 (辰野町教育委員会)、濱慎一 (伊那市教育委員会)、山下誠一 (飯田市教育委員会)の諸氏、長野県立歴史館職員

 

逸品!長野市 松原遺跡(まつばらいせき)出土の漆塗り竪櫛(うるしぬりたてぐし)

身だしなみの一品

tategushi

ひごのように細い板を束ね、漆で固めた竪櫛。柄の長さは11cm程あり、弥生文化の中でも類例の少ない一品である。(弥生時代中期)

 

特別展示!佐久市 西一里塚遺跡(にしいちりづかいせき)出土の鉄釧(てつくしろ)

身分の高さを示す一品

 tetukusirro

弥生時代、装身具にも鉄が用いられる。社会的立場を示すとされるらせん状の鉄釧。9段重ねは最高クラス。(弥生時代後期)

 

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中!

担当部署 長野県立歴史館
担当者 (館長)笹本正治

(担当)西山克己、町田勝則

電話 電 話 026-274-3992 (直通)
ファックス F A X 026-274-3996
メール rekishikan-koko@pref.nagano.lg.jp 
担当部署 長野県教育委員会事務局

文化財・生涯学習課

担当者

(課長)井上雅彦(担当)上田典男

電話

026-235-7441(直通)

026-232-0111(代表)内線4428

ファックス 026-235-7493
メール

bunsho@pref.nagano.lg.jp 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?