ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成30年(2018年)4月プレスリリース資料 > 県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」空間デザインコンセプト検討ワークショップを5月5日・6日に開催します(教育委員会事務局文化財・生涯学習課)

ここから本文です。

更新日:2018年5月1日

 県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」空間デザインコンセプト検討ワークショップを5月5日・6日に開催します

  長野県(教育委員会)プレスリリース 平成30年(2018年)4月27日

 県立長野図書館では、今秋3階フロアのリノベーションを行い、「共知・共創(共に知り共に創る)」の場として「信州・学び創造ラボ」を整備します。 それに伴い、公共空間のあり方に関心のある皆さんにお集まりいただき、設計前に空間デザインを考えるワークショップを開催します。

 これからの社会を創造する起点となるような公共図書館や公共空間のあり方を、空間デザインコンセプトの面から一緒に考えてみませんか?

(3回程度を予定/2回目は6月、3回目は7月頃に開催予定)

日 時

 平成30年5月5日(土) 13:00~16:00

 平成30年5月6日(日) 10:00~15:00

※各日のみの参加も可能ですが、2日間通しでの内容となるため、できるだけ両日ご参加ください。 

ファシリテーター

 李 明喜 氏(アカデミック・リソース・ガイド株式会社 デザイナー・ディレクター)

 瀧内 貫 氏(株式会社コト社 代表 ・ まちの教室 ディレクター)

 進行:平賀 研也(県立長野図書館長)

申込等

 *参加費 無料

 *対象者 これからの公共空間のあり方について関心のある方であれば、どなたでもご参加いただけます。

  (建築、設計、行政、図書館、教育、まちづくり、コワーキング関係者等)

場所

 県立長野図書館 2階 ナレッジラボ・UCDL(ウチデル)

「信州・学び創造ラボ」とは

 県民ひとりひとりが主体的、創造的に取り組んだ学びの成果をアウトプットできるようパソコンや3Dプリンタなどのツールを備えたり、

 多様な情報や人がつながり、アイデアを形にしていけるようグループワークのスペースを整備するなど、開かれた学びの場である

 図書館における「新しい社会的価値を創造する学びが集うモデル空間」を目指しています。

 本ワークショップの成果も反映させつつ、 宮本忠長建築設計事務所が9月末頃までに設計を行い、2019年2月のオープンを予定しています。

 

担当部署 教育委員会事務局 文化財・生涯学習課 総務係
担当者

 (課長)井上 雅彦 (担当)降旗 萌

電話

 026-235-7439(直通)

 026-232-0111(代表) 内線 4424

ファックス  026-235-7493
メール  bunsho@pref.nagano.lg.jp
担当部署 県立長野図書館 企画協力課
担当者

 (館長)平賀 研也 (担当)小澤 多美子

電話

026-228-4939(直通)

026-228-4500(代表)

ファックス  026-291-6252
メール  naganotoshokan@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局文化財・生涯学習課

電話番号:026-235-7439

ファックス:026-235-7493

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?