ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 大鹿歌舞伎(大鹿村)が重要無形民俗文化財に指定、安曇平のお船祭り(安曇野市、松本市、池田町)が記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択されます

ここから本文です。

更新日:2017年1月27日

大鹿歌舞伎(大鹿村)が重要無形民俗文化財に指定、安曇平のお船祭り(安曇野市、松本市、池田町)が記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択されます

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成29年(2017年)1月27日

 文化審議会(会長 馬渕 明子)は、本日文部科学大臣及び文化庁長官に、次のとおり答申しましたので、お知らせします。
 なお、この答申を受け、文部科学省が指定、文化庁が選択を行う予定です。

 1答申内容

(1)重要無形民俗文化財の指定

○大鹿歌舞伎【大鹿村】

大鹿村で伝承されている我が国を代表する地芝居である。近世以来の地方の村落における芸能の受容や展開を示すとともに、独自の演技・演目を有するなど地域的特色や芸能の変遷の過程を示すものとして重要である。

・この指定がされると、長野県の国指定の重要無形民俗文化財件数は、10件になります。

国指定等文化財データベースhttp://kunishitei.bunka.go.jp/bsys/searchlist.asp

(2)記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財の選択*

○安曇平のお船祭り【安曇野市・松本市・池田町】

お船祭りは、長野県一円にみられ、信州の祭礼の特色をよく示しており、内陸部にあって「お船」をひ き出すといった特徴を持つ。なかでも安曇平のお船祭りは、穂高型ともいわれ、中央に作り物を配した巨大な船を擁するものであり、我が国の曳山ひきやま 行事の在り方を理解する上で貴重である。

・この選択がされると、長野県の国選択の無形民俗文化財件数は、30件になります。

国が無形の文化財のうち、その記録を作成し、保存し、または公開するための措置を講ずるもの

 

2指定等の概要

別添のとおり

3上記に関してのお問い合わせ先

別添資料に記載

 

 


 しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 教育委員会事務局 文化財・生涯学習課 文化財係
担当者  (課長)高橋功 (担当)鈴木伸子
電話  026-235-7441(直通)026-232-0111(代表)(内線4427)
ファックス  026-235-7493
メール  bunsho@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?