ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 松代城跡附新御殿跡(長野市)及び駒形遺跡(茅野市)で国史跡の追加指定が行われます

ここから本文です。

更新日:2015年6月19日

松代城跡附新御殿跡(長野市)及び駒形遺跡(茅野市)で国史跡の追加指定が行われます

長野県(教育委員会)プレスリリース 平成27年(2015年)6月19日

平成27年6月19日(金)に開催された国の文化審議会(会長 宮田亮平)文化財分科会の審議・議決を経て、本県関係の史跡について、追加指定2件が、同審議会から文部科学大臣に答申されました。この結果、官報告示の後に、史跡の追加指定が行われる予定です。

答申物件

松代城跡附新御殿跡(まつしろじょうあとつけたりしんごてんあと)【長野市】

戦国時代に武田氏が築城した海津城が前身とされ、江戸時代には松代藩真田家の居城となった城跡である。今回、城跡東南部分にあたる二の丸や三日月堀のそれぞれ一部、外堀等の条件の整った部分を追加指定する。

駒形遺跡(こまがたいせき)【茅野市】

 縄文時代早期前半から後期前半まで断続的に竪穴建物が構築された黒曜石製石器の製作及びその流通に関わりを持った集落遺跡。特に中期後半には拠点的集落として、中央部に土坑墓群を有する南北約125m、東西約100m の環状集落が形成される。今回、条件が整った部分を追加指定する。


※長野県の国史跡(国特別史跡を含む)の件数は、35 件です。

 

史跡の概要、各物件に関してのお問い合わせ先

下記のプレスリリース資料をご覧ください

 

 

 しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 


 

 

担当部署 教育委員会事務局文化財・生涯学習課文化財係
担当者  (課長)高橋功  (担当)櫻井秀雄
電話 026-235-7441(直通)    
026-232-0111(代表) 内線4429
ファックス  026-235-7493
メール  bunsho@pref.nagano.lg.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?