ホーム > 暮らし・環境 > 各種申請・届出様式 > 銃砲刀剣類登録申請書等

ここから本文です。

更新日:2017年10月19日

銃砲刀剣類登録申請書等

銃砲刀剣類の所持について

銃砲刀剣類所持等取締法第3条により、銃砲刀剣類は原則として所持できません。ただし、美術品若しくは骨董品として価値のある古式銃砲、又は美術品として価値のある刀剣類は、都道府県教育委員会の登録審査会で登録手続きを行うことにより所持が認められています。

登録証がない銃砲刀剣類を発見した場合

1  お近くの警察署生活安全課(係)に相談してください。登録審査会の審査を受けようとする場合は、警察署で発見    届出を行い、刀剣類発見届出済証の交付を受けてください。

2  その後、県教育委員会から審査会のご案内を送付しますので、できるだけ速やかに審査を受けてください。審査の 結果、登録が適当と認められた場合に、登録証を交付します。

銃砲刀剣類の新規登録

登録申請書
WORD形式 PDF形式

銃砲刀剣類の登録申請をする場合に使用します。審査会当日、会場にもあります。

審査日時 銃砲刀剣類登録審査会(年8回) 審査会開催日程(PDF:209KB)
持参する物
  • 審査を受けようとする銃砲刀剣類の現物
  • 警察署から交付された刀剣類発見届出済証
  • 印鑑
  • 審査手数料 1件につき6,300円(長野県収入証紙)

     ※収入証紙は、各庁舎の売店で販売しています。

  • 代理人が申請する場合は委任状(任意様式)
注意事項

来場者が多い場合は、午前中の受付でも午後の審査になることがあります。

手数料は、登録できなかった場合も徴収します。

登録証をなくした場合など

登録証をなくした、登録内容が読めないなどの場合は、登録証の再交付が必要です。

1 登録証を発行した都道府県教育委員会に相談してください。所有者名等をお聞きし、登録があるか確認します。

2 登録審査会で現物確認審査を受けてください。

  現物と登録内容が合う場合は、審査会当日に登録証を再交付します。

  再交付手数料は1件につき3,500円(長野県収入証紙)です。

  刀剣類を相続した場合や譲り受けた場合、住所を変更した場合

相続・譲渡等により所有者が変わった場合は、新しい所有者が20日以内に、登録証に記載されている都道府県の教育委員会へ届け出ることが義務付けられています。

また、住所が変わった場合は住所変更の届出を提出してください。

所有者変更届出書 (ワード:86KB) (PDF:76KB)
WORD形式 PDF形式
                               記入例(PDF:250KB)

所有者が変わった場合に使用します。長野県登録のものを受け付けています。

届出方法

随時、郵送

郵送先

〒380-8570 長野市南長野幅下692-2

長野県教育委員会 文化財・生涯学習課

添付書類 登録証のコピー

住所変更届出書 (ワード:86KB) (PDF:67KB)
WORD形式 PDF形式
引っ越し等で所有者の住所が変わった場合に使用します。
届出方法 随時、郵送
郵送先

〒380-8570 長野市南長野幅下692-2

長野県教育委員会 文化財・生涯学習課
添付書類 なし

※変更手続き完了の通知は、通常行っていません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局文化財・生涯学習課

電話番号:026-235-7439

ファックス:026-235-7493

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?