ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 長野県庁見学トップページ > 県庁見学こども記者体験 > 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、世界の文化と言葉を学ぼう!

ここから本文です。

更新日:2017年3月28日

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、世界の文化と言葉を学ぼう!

 東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年には、多くの外国人が日本を訪ねてきます。文化や言葉の違う、様々な人が日本に来るので、友達をたくさん作るチャンスです!

 でも、文化や言葉が分からないと難しいでしょう?

 外国ではどんなスポーツが人気かな?どんな食べ物があるかな?

 県庁には外国から来た国際交流員が2人います。中国出身の李(リ)さんとイギリス出身のクリスさんから外国の文化や言葉についての話を聞いて、2020年に向けて世界について学びましょう!

 

kids

 

 

1 中国とオリンピック

 国旗

 オリンピックに中国が参加したのは、1984年のロサンゼルスオリンピックからです。

 2008年には中国の北京で夏のオリンピックが開催されました。世界204の国と地域、約11,000人の選手が参加しました。当時のオリンピック会場は今でも様々な行事で活用されています。

 2022年には、冬のオリンピックが北京と河北省張家口市で行われることになりました。河北省は長野県と1983年から友好都市として交流をしているところです。

 

2 イギリスとオリンピック

3

 イギリスは近代オリンピックが始まった時からオリンピックに参加しています。近代のオリンピックは1896年に始まり、イギリス、ギリシャ、フランス等、14か国が出場しました。今は200か国以上がオリンピックに出場します。

 

 これまでの全てのオリンピックをあわせて、イギリスは金メダル273個、銀メダル299個、銅メダル301個をとり、メダル数は世界で3位となっています。2

 

 

 

 

 

 

 また、イギリスはこれまでに3回(1908年、1948年、2012年)オリンピックの開催国になりました。

 1 by Quick79

 

 

メニューにもどる

お問い合わせ

県民文化部国際課

電話番号:026-235-7173

ファックス:026-232-1644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?