ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 多文化共生から考える防災・減災シンポジウムを12月3日(日)に開催します

ここから本文です。

更新日:2017年11月21日

多文化共生から考える防災・減災シンポジウムを12月3日(日)に開催します。

長野県(県民文化部)プレスリリース平成29年(2017年)11月22日

災害時の外国人支援について考えるため、下記のとおり講演およびワークショップを開催します。

日時

平成29年12月3日 (日) 13:30~16:00 (13:00受付開始)

会場

駒ケ根市高齢者保健福祉施設ふれあいセンター 集会室
(長野県駒ケ根市梨の木 2番55号)

主催

 長野県

内容

 第一部: 講演「災害時の外国人支援の現場から」
       多くの被災地で活動してきた講師と、外国人支援のあり方について学びます。

 第二部: ワークショップ「伝わる日本語を考えてみよう」
       災害時のみならず、日頃の生活でも役に立つ「やさしい日本語」について、基礎的な部分を参加者の皆さん
       と一緒に学びます。

講師

 (特非)多文化共生マネージャー全国協議会 理事 柴垣禎 氏

定員

 60名 (入場無料・先着順)

対象者

 防災・減災、多文化共生等に関心のある方ならどなたでも参加できます。

申込方法

 別添チラシの申込書(下部)により、FAXまたはE-mailでお申込みください。詳細は国際課ホームページからもご覧いただけます。

その他

 ・日本語のみでの講演です。
 ・事前の申し込みにご協力ください。


しあわせ信州創造プラン(長野県総合5カ年計画)推進中

担当部署 県民文化部国際課多文化共生係
担当者 (課長)西沢奈緒樹 (担当)高野寿一
電話

026-235-7165(直通)
026-232-0111(代表)内線2807

ファックス 026-232-1644
メール kokusai@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?