ここから本文です。

更新日:2014年10月17日

長野県の歴史1

ケン先生このコーナーでは、長野県がどのようにできたか、長野県のれきしを勉強しよう。

アイちゃんむずかしそう・・・

ケン先生しんぱいするなって、かんたんに話すから。

さて、「長野県」という県の名前は、今から約130年前の1871年に決められました。じゃあ、もっと昔、長野県はなんてよばれていたでしょうか。有名な歌があるね。

ユウくんかんたんさ!「信濃(しなの)の国」だよ。

ケン先生せいかい。県歌「信濃の国」にもあるように、長野県は昔から長い間、「信濃国」とよばれていたんだね。どれくらい昔からかというと、今から1300年以上も昔の7世紀後半に、「科野(しなの)国」が成立したことが知られているんだ。その約50年後の704年、漢字を「信濃」に改めて、信濃国の印がはじめてつくられたんだ。

アイちゃん1300年も前から「信濃の国」だったんだ。

ケン先生当時、木曽地方は美濃(みの)国(今の岐阜県)だったんだけど、その後、15世紀から16世紀にかけての戦国(せんごく)時代のころには信濃国となり、今の長野県とほぼ同じ地いきが信濃国となったんだ。
さて、戦国時代には信濃の国でも有名な戦いがおきているよね。そこで問題です。


<問題>
戦国時代の名将(めいしょう)として知られる武田信玄(たけだしんげん)と上杉謙信(うえすぎけんしん)が信濃国で戦った有名な戦いはどれでしょう。

<<前のページへ

次のページへ>>

メニューにもどるシンボル&県歌県のすがたようこそ県庁へおしらせコーナーしつもんコーナー

お問い合わせ

企画振興部広報県民課

電話番号:026-235-7054

ファックス:026-235-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?