ホーム > 教育・子育て > 児童福祉 > ひとり親家庭 > 母子父子寡婦福祉資金貸付金

ここから本文です。

更新日:2016年6月1日

母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金のご案内

 貸付を受けたい方は、福祉事務所の母子・父子自立支援員に事前にご相談ください
 (ただし、個々の事情により貸付ができない場合もあります。)
 なお、貸付までには、お時間を要しますので、余裕を持った申請をお願いします。 

貸付対象者

 ・児童(20歳未満)を扶養している母子家庭の母又はその児童(母子家庭の母が扶養している20歳以上である子を含みます。)
 ・児童(20歳未満)を扶養している父子家庭の父又はその児童(父子家庭の父が扶養している20歳以上である子を含みます。)
 ・父母のない児童(修学資金等一部の資金のみ)
 ・寡婦(配偶者のない女子であって、かつて配偶者のない女子として児童を養育したことのある方)又はその被扶養者
 ・40歳以上の配偶者のない女子(婚姻をしたことのない方は含まれません。)であって、現に児童を扶養していない方(前年の所得額が2,036,000円以下の方)
 ・母子・父子福祉団体

貸付内容

種 別

内 容

具 体 例

修学資金

児童・子が大学等に就学するための経費

授業料、教材費、通学費

就学支度資金

児童・子が大学等に入学する際に必要な経費

入学金、引越代

修業資金

児童・子が就職に必要な知識技能を習得するための経費

授業料(大学等を除く)、
自動車運転免許取得費

就職支度資金

母・父・寡婦又は児童が就職する際に必要な経費

スーツ代、
通勤用自動車購入費

事業開始資金

事業を開始するための経費

設備費、機械・材料費

事業継続資金

現に営んでいる事業を継続するための経費

商品・材料購入費

技能習得資金

母・父・寡婦が知識技能を習得するための経費

授業料、
自動車運転免許取得費

医療介護資金
 医療分
 介護分

・医療費の自己負担分に充てる経費
・介護保険給付に伴う負担額に充てる経費

・医療費
・保険料、介護サービス費等

生活資金

技能習得中で収入がない場合
・療養中で収入がない場合
・母子家庭又は父子家庭となって7年以内
・失業から1年以内

日常生活費

住宅資金

現に居住する住宅の補修、改築、増築
・住居の新築又は購入

補修等にかかる経費

転宅資金

住居の移転に際し必要な経費

引越代、敷金、礼金

結婚資金

児童・子の婚姻に際し必要な経費

披露宴代

 ※貸付限度額、据置期間、償還期間など詳細については、こちら(PDF:169KB)をご覧ください。

 

貸付要件

借受人(申請者)

 ・年齢が65歳未満であること
 ・最終償還日における年齢が、70歳未満であること
 ・母子父子寡婦福祉資金貸付金や他の貸付金、税金などの滞納がないこと
 ・外国人の場合は、住民票があり、現住地に1年以上居住し、将来とも永住する見込みがあること

 ※その他所得要件があります。(一定以上の所得がある場合は、貸付の対象となりません。また、所得が一定額以下の場合は、連帯保証人が必要となります。)

 ※児童・子のための修学資金、就学支度資金、修業資金、就職支度資金(児童に係るもの)について
 ・母・父・寡婦が借受人となる場合には、児童・子は借受人と連帯して債務を負担することになります。
 ・児童・子が借受人となる場合には、母・父・寡婦は、連帯債務者又は連帯保証人となります。

 ※日本学生支援機構から奨学金の貸与を受けている方については、奨学金の貸与月額と本貸付金の修学資金の貸付金の修学資金の貸付限度額との差額を限度として、貸付を受けることができます。

 

連帯保証人

 ・保証能力があること
 ・複数の貸付の連帯保証人となる場合は、すべてを負担できる所得があること
 ・最終償還日における年齢が、原則として70歳未満であること
 ・申請者の親又は兄弟姉妹、その他親族が望ましい
 ・申請者と同一生計でないこと

 

貸付利率

 ・修学資金、就学支度資金、修業資金、就職支度資金(児童に係るもの)
  ⇒ 保証人の有無にかかわらず無利子です。

 ・事業開始資金、事業継続資金、技能習得資金、就職支度資金(母、父又は寡婦に係るもの)、医療介護資金、
 生活資金、住宅資金、転宅資金、結婚資金
  ⇒ 連帯保証人を立てた場合は無利子、
  ⇒ 連帯保証人を立てない場合は年1%の利子がかかります。

 

貸付までの主な流れ

 1. 事前相談(相談先:福祉事務所 借入の見込みや必要書類の確認など)
 2. 面接(原則として連帯借受人にも面接します。連帯保証人にも連絡します。)
 3. 必要書類の準備
 4. 申請書提出
 5. 審査会
 6. 貸付

 

ご相談はこちら(市又は郡の福祉事務所)

名 称

 

所 在 地

 

電話番号

小諸市

〒384-8501

小諸市相生町3-3-3

小諸市役所

0267-22-1700

佐久市

〒385-8501

佐久市中込3056

佐久市役所

0267-62-2111

佐久

〒385-8533

佐久市跡部65-1

佐久合同庁舎

0267-63-3142

上田市

〒386-0012

上田市中央6-5-39

ひとまちげんき・健康プラザうえだ

0268-23-5106

東御市

〒389-0502

東御市鞍掛197

総合福祉センター

0268-64-8888

小県

〒386-8555

上田市材木町1-2-6

上田合同庁舎

0268-25-7123

岡谷市

〒394-8510

岡谷市幸町8-1

岡谷市役所

0266-23-4811

諏訪市

〒392-8511

諏訪市高島1-22-30

諏訪市役所

0266-52-4141

茅野市

〒391-8501

茅野市塚原2-6-1

茅野市役所

0266-72-2101

諏訪

〒392-8601

諏訪市上川1-1644-10

諏訪合同庁舎

0266-57-2911

伊那市

〒396-8617

伊那市下新田3050

伊那市役所

0265-78-4111

駒ヶ根市

〒399-4192

駒ヶ根市赤須町20-1

駒ヶ根市役所

0265-83-2111

上伊那

〒396-8666

伊那市荒井3497

伊那合同庁舎

0265-76-6811

飯田市

〒395-0044

飯田市大久保町2534

飯田市役所

0265-22-4511

下伊那

〒395-0034

飯田市追手町2-678

飯田合同庁舎

0265-53-0411

木曽

〒397-8550

木曽郡木曽町福島2757-1

木曽合同庁舎

0264-25-2219

松本市

〒390-8620

松本市丸の内3-7

松本市役所

0263-34-3000

塩尻市

〒399-0786

塩尻市大門6-4-6

保健福祉センター

0263-52-0280

安曇野市

〒399-8303

安曇野市豊科6000

安曇野市役所

0263-71-2000

松本

〒390-0852

松本市大字島立1020

松本合同庁舎

0263-40-1914

大町市

〒398-8601

大町市大町3887

大町市役所

0261-22-0420

北安曇

〒398-8602

大町市大町1058-2

大町合同庁舎

0261-23-6508

長野市

〒380-8512
〒388-8006

長野市緑町1613
長野市篠ノ井御幣川281-1

長野市役所
篠ノ井分室

026-226-4911
026-292-2596

須坂市

〒382-8511

須坂市大字須坂1528-1

須坂市役所

026-245-1400

千曲市

〒389-0892

千曲市大字戸倉2388

戸倉庁舎

026-275-0004

長野

〒380-0936

長野市中御所岡田98-1

長野保健福祉事務所庁舎

026-225-9085

中野市

〒383-8614

中野市三好町1-3-19

中野市役所

0269-22-2111

飯山市

〒389-2292

飯山市大字飯山1110-1

飯山市役所

0269-62-3111

北信

〒389-2255

飯山市大字静間1340-1

飯山庁舎

0269-62-3943

 

 母子父子寡婦福祉資金は、過去にこの資金を借りた方の償還金を原資として、次に資金が必要な方に貸し出す制度ですので、償還金は期限内に納入してください。
 期限内に納入されない場合は、違約金【延滞元利金額に対して年5%(平成27年3月31日までの期日については10.75%で計算します。)】がかかります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部こども・家庭課

電話番号:026-235-7095

ファックス:026-235-7390

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?