• 文字サイズ・色合いの変更

ホーム > 定例会議等の開催概要 > 開催概要 > 平成29年9月7日開催の定例会における主な議題

ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

平成29年9月7日開催の定例会における主な議題

議題事項

  • 警察署協議会委員の委嘱
    辞職により欠員となっていた長野中央警察署協議会委員については、推薦のあった1名を委員に委嘱することを、原案のとおり決定した。
  • 平成29年度留置施設実地監査計画
    「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」第18条及び「被留置者の取扱いに関する訓令」第8条に基づいて策定した平成29年度の留置施設実地監査計画については、原案のとおり決定した。
  • 銃砲所持許可取消処分に対する審査請求の審理終結と裁決書の送付
    1月30日に提起された銃砲所持許可取消処分に係る審査請求については、行政不服審査法の規定により審理を終結し、請求を棄却することを、原案のとおり決定した。
  • 警察官職務執行法第4条第1項を根拠としたライフル銃によるイノシシの駆除
    8月23日、上田市内の住宅集合地域にイノシシが出没し、放置すれば人の生命、身体に危害を及ぼすおそれが認められたため、現場において警察官が警察官職務執行法第4条第1項の規定により、猟友会員にライフル銃の使用を命じてイノシシを駆除した事案については、原案のとおり決定した。
  • 運転免許更新処分に対する審査請求の審理終結と棄却裁決
    5月3日に提起された運転免許更新処分に係る審査請求については、行政不服審査法の規定により審理を終結し、請求を棄却することを、原案のとおり決定した。

報告事項

  • ストーカー規制法に基づく警告の実施
    8月22日に軽井沢警察署、長野中央警察署、8月25日に松本警察署、8月28日及び30日に上田警察署が、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告を実施した。
  • 高校生による強制性交等罪事件の検挙
    佐久警察署は、東信地方の住宅に侵入し、凶器を使用して乱暴した佐久市居住の男を、8月24日、強制性交等罪で通常逮捕した。
  • 夏山期間中の山岳遭難発生状況
    7月1日から8月31日までの夏山期間中の山岳遭難については、発生件数が101件で前年比6件の減少、遭難者が108名で前年比4人の減少等であった。
  • 岐阜県公安委員会への警察職員等の援助要求
    9月1日に発生した、北アルプス槍ヶ岳東鎌尾根における遭難者の救助活動に際し、警察法第60条第1項の規定に基づき、岐阜県公安委員会へ警察用航空機及び警察職員の援助を要求した。本援助要求は緊急を要したため、長野県公安委員会事務専決規程第2条第1項に基づき、警察本部長の専決により行った。

〔委員〕
ヘリの救助は、危険を伴う命がけの活動であり、また、背負って被救助者を搬送することは、大変なことと思いますが、しっかりと訓練をしていただき、山岳遭難救助の万全を期していただきたい。

〔委員〕
夏山期間中の山岳遭難発生状況の報告にある防災ヘリ救助は、どこのヘリを使用したのですか。

〔警察〕
当県の消防から他県の消防へ防災ヘリの要請をしたものです。

  • 松本市水汲における現住建造物等放火事件の発生・検挙
    松本警察署は、松本市内の自宅を放火した松本市居住の女を、8月25日、現住建造物等放火罪で緊急逮捕した。
  • 特殊詐欺事件の検挙
    須坂警察署は、住居不定の男を特殊詐欺事件の被疑者として、8月25日、詐欺未遂で通常逮捕した。

〔委員〕
検挙された特殊詐欺事件は組織的な犯行ですか。

〔警察〕
そのとおりです。
組織的な背景を含め、突き上げ捜査を推進しております。

  • 公安条例許可取扱状況
    8月21日から9月3日までの公安条例許可取扱状況は、申請件数7件で、全て条件付許可であった。

〔委員〕
9月に入って各行政機関で防災訓練を実施しており、警察も関与しておりますが、訓練には新しい技術や装備などを取り入れるなどして、地域の防災訓練に積極的に参加していただきたい。
伊那警察署において金融防犯で強盗訓練を実施していただきましたが、初めて体験する職員も多く、「緊張感もあり、大変、勉強になった。」との反響で、金融機関の職員への効果が非常に高いため、各地域における訓練を継続して実施していただきたい。
特殊詐欺で、携帯電話のメールなどを利用し、コンビニエンスストアでプリペイドカードを購入させる架空請求詐欺が多いように感じられますので、コンビニエンスストアでの多額購入者に対する声かけにより、被害の未然防止が図られるようにお願いします。

〔警察〕
コンビニエンスストアには、以前から協力依頼をして、声かけ等による未然防止を図っているところであり、年齢や金額などにより、声かけに迷う対象があるなどの難しい点もありますが、コンビニエンスストアでも声かけ訓練を実施していただいているところで、今後も水際における被害阻止を強力に推進してまいります。

〔委員〕
金額等に関係なく、全ての購入者に一声かけるだけで、被害防止が図れると思いますので、工夫を凝らした被害防止対策をよろしくお願いします。

〔委員〕
動画などの閲覧を名目とした被害が多いかと思われますが、有料サイトの課金手続などの仕組みを改善することで、防止することが可能ではないですか。

〔警察〕
現在のインターネット環境は、利便性が優先されることが多く、実際の手続に近い手口による犯行で、実際に無料サイト等の動画を閲覧している場合や機器操作に慣れていないことから錯誤に陥り、自己解決しようとして相談できないのが多い現状にあります。

〔委員〕
長野県における特殊詐欺被害は、全体として減少しているものの、架空請求詐欺の増加が目立つため、工夫を凝らし、架空請求詐欺の被害防止を強化することで、更なる特殊詐欺被害の防止に努めていただきたい。

公安委員会の予定

  • 次回は、平成29年9月14日(木曜日)に定例会を開催することを決定した。

決裁等

  • 公安委員会宛ての苦情申出の受理
    2月3日受理に係る公安委員会宛ての苦情申出について説明があり、決裁した。
  • 風俗営業者に対する行政処分
    風俗営業及び飲食店営業処分に対する意見の聴取結果及び行政処分1件について説明があり、決裁した。
  • 運転免許行政処分に対する意見の聴取結果と行政処分
    運転免許行政処分に対する意見の聴取結果及び行政処分23件について説明があり、決裁した。

 

 

 

お問い合わせ

公安委員会公安委員会

電話番号:026-233-0110