木曽地域振興局

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年11月14日

御嶽山の安全対策情報

立入規制について

 御嶽山は活火山です。現在、噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)が気象庁から発表されています。

    【御嶽山入山規制図】                                        kisei

※今後、登山道の規制が解除されたり、新たに追加される場合があります。入山される場合には、事前に通

  行の可否を市町村にご確認ください。 

※御嶽山は、火山活動が低下してきていますが、今なお噴煙活動や地震活動が継続しています。危険です

 から、規制区域(警戒区域)内には絶対に立入らないでください。許可なく立入った場合は、災害対策基

 本法によりせられます。

 

◇関連リンク

 

入山に際する登山計画書

 長野県では、「登山安全条例」が制定され、平成28年7月1日から登山計画書の提出が義務化されました。御嶽山においても、指定登山口から山頂側に入山する場合は登山計画書の提出が必要になります。

 登山計画書は、事前にweb等により提出いただくか、入山時に登山ポストへ提出をお願いします。

【指定登山口】

  • 開田口登山道:登山口
  • 黒沢口登山道:登山口(中の湯、行場山荘、百間滝入口)
  • 王滝口登山道:田の原遙拝所入口

 また、岐阜県においても、 山岳遭難防止条例(北アルプス地区及び活火山地区における山岳遭難の防止に関する条例)により、御嶽山の活火山地区に入山する場合には、登山計画書(登山届)の提出が必要となります。詳しくは、岐阜県ホームページでご確認ください。

 

◇関連リンク

 

 

 火山活動状況

○御嶽山:噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)

 (平成29年8月21日15時00分、気象庁発表)

 御嶽山の火山活動については、火山の状況に関する解説情報などが定期的に発表されていますので、気象庁ホームページでご確認ください。

 

◇関連リンク

 

観測データ、ライブカメラ

 御嶽山の地震回数や噴煙の高さを始めとした観測データを、以下の気象庁ホームページで確認いただけます。

 また、御嶽山のライブカメラを、以下の国土交通省多治見砂防国道事務所のホームページでご覧いただけます。

 

◇関連リンク

 

火山防災対策

火山ハザードマップ

 御嶽山の想定火口流域や、噴火に伴う現象(大きな噴石・火砕流・火砕サージ・融雪型火山泥流)の影響が及ぶおそれのある範囲を地図上に特定し、視覚的にわかりやすく描画したものです。

 火山防災マップ【噴火警戒レベル4・5】(基本図)(PDF:1,323KB)

 火山ハザードマップに、住民の方が避難する場所など防災上必要な情報を付加したものです。(御嶽山火山防災協議会で作成した基本図を掲載してあります。)

避難ルート図(山頂部分:剣ヶ峰南西斜面から噴火の場合)(PDF:686KB)

 現在火山活動が活発な剣ヶ峰南西斜面から噴火した場合を想定し、登山道に避難方向を示したものです。

 

◇関連リンク

 

観光情報

◇関連リンク

 


 御嶽山

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

木曽地域振興局総務管理課

電話番号:0264-25-2211

ファックス:0264-23-2583

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?