ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)6月プレスリリース資料 > 「長野オリンピックレガシー活用プロジェクト」が企業版ふるさと納税対象事業に認定されました

ここから本文です。

更新日:2017年6月28日

「長野オリンピックレガシー活用プロジェクト」が企業版ふるさと納税対象事業に認定されました

長野県(企画振興部)プレスリリース平成29年(2017年)6月28日

長野県にとって地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)活用事業2例目となる「長野オリンピックレガシー活用プロジェクト」が、平成29年6月27日付けで内閣総理大臣から認定されました。

事業概要

長野オリンピック競技会場のうち唯一県が所有する白馬ジャンプ競技場が、地域の観光のシンボル的存在として将来にわたって活用されるよう、以下の事業を行います。

(1)老朽化した施設の改修による長寿命化

(2)FISノルディックコンバインドワールドカップ等の国際大会開催

事業期間

平成29~31年度

事業費(予定)

219,174千円(平成29~31年度の3か年合計)

寄附の募集について

県では、本事業に対する県外企業の皆様からの寄附を募集しております。ご協力いただける企業の皆様は下記担当までお問い合わせください。

参考:企業版ふるさと納税制度について

地方公共団体による地方創生のプロジェクトに対して寄附をした企業に、税額控除の特例措置が適用される制度です。

(長野県の事業については、県外に本社が所在する企業からの寄附が対象となります。)

詳細は下記の県ホームページをご覧ください。

http://www.pref.nagano.lg.jp/kikaku/kensei/shisaku/kigyobanfurusatonouzei/soudanmadoguchi.html

 

 


しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

 

担当部署 企画振興部総合政策課調整・分権係
担当者 (課長)伊藤一紀(担当)小川拓也
電話

026-235-7018(直通)

026-232-0111(代表)内線3724

ファックス 026-235-7471
メール seisaku@pref.nagano.lg.jp
担当部署 教育委員会事務局スポーツ課管理係
担当者 (課長)内山充栄(担当)太田ちひろ
電話

026-235-7447(直通)

026-232-0111(代表)内線4477

ファックス 026-235-7476
メール sports-ka@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?