ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 水道 > けんえいすいどう > 水道メーターを活用した一人暮らし高齢者の見守りシステム『高齢者元気応援システム』の実証実験の開始式を行いました

ここから本文です。

更新日:2017年9月1日

水道メーターを活用した一人暮らし高齢者の見守りシステム『高齢者元気応援システム』の実証実験の開始式を行いました

水道メーターを活用して、一人暮らしの高齢者等を見守る「高齢者元気応援システム ASA System-KIZUKI」の産学官協働による実証実験を、坂城町をモデル地区として9月1日(金曜日)に開始しました。

開始式の様子

坂城町長   水道事業課長

山村弘坂城町長様のごあいさつ

 

企業局水道事業課長

福祉健康課長   東洋計器(株)

坂城町福祉健康課長様

 

東洋計器(株)様のジオラマを使用したシステム     のご紹介

見守り装置

 

専用メーター

見守り装置

 

専用水道メーター 

 取材の様子

   

現地視察の様子

   

 

「高齢者元気応援システム ASA(Active Seniors Assistance)System-KIZUKI」とは

  • 「高齢者元気応援システムASA System-KIZUKI」は、水道メーターで水道の利用状況を把握して、お一人暮らしをされている高齢者等を見守ります。 
  • 一人暮らし高齢者等のご家庭に、専用の水道メーターや通信装置(見守り装置)を取り付け、受信センターと繋ぎ、離れて暮らすご家族に使用状況等を電子メールでお知らせします。
  • 毎朝水道の使い始めに配信される「元気メール」、水道を8時間以上使っていない、または2時間以上の連続使用が確認された場合に配信される「異変メール」により、ご家族に高齢者の安否をお知らせします。
  • 特別なことをしていただく必要はなく、高齢者ご本人のプライバシーにも配慮して、そっと見守りができ、ご家族に「絆と安心」をお届けすることができるシステムです。 

 

①元気メール 毎朝、水道の使用を開始したら、見守られる方が「元気!」だよとご家族等の登録先にメールを配信

②異変メール

(不使用メール、  連続使用メール)

水道を8時間以上使用していない場合、または2時間以上連続して使用した場合に、「いつもと違う様子」に気付くために、ご家族等の登録先にメールを配信

 

 見守り図

 

※システムの利用者を募集しています!!お申し込みについて詳細はこちら↓↓  

 坂城町における全国初の「高齢者元気応援システム」に是非お申し込みください!

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7381

ファックス:026-235-7388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?