ホーム > 社会基盤 > 上下水道・電気 > 水道 > けんえいすいどう > 千曲市に「安全の蛇口(第1基目)」を整備しました

ここから本文です。

更新日:2017年1月12日

千曲市に「安心の蛇口(第1基目)」を整備しました

平成27年9月25日(金曜日)に千曲市の白鳥園南側広場において、「安心の蛇口」第1基目のお披露目式を開催しました。

安心の蛇口とは…?

災害時に周辺地域が断水になっても「そこに行けば水が飲める」との安心感を地域の皆様に提供することを目指し、県内では初めての取り組みとして県企業局が整備しました。白鳥園のような災害時の避難場所となる施設において、シンボルとなる「安心の蛇口」と名付けた応急給水拠点(平時も使用できる水飲み場)を整え、複数の蛇口を備える組み立て式の非常用給水装置を常備します。

今後も、主要な病院や災害時の避難場所となる施設を「重要給水施設」と位置付け、ここに至る水道管を地震に強いものにした上で、順次「安心の蛇口」を設置していく予定です。

また、「安心の蛇口」のパンフレット(PDF:9,998KB)を作成しましたので、ご覧ください。

 

anshinnojaguti oukyukyusui
↑安心の蛇口 ↑組立式非常用応急給水装置

普段は水飲み場としてご利用いただけます。安心の蛇口のある施設に保管されており、地震などの災害

時には取り付けることにより、水を利用することができます。

「安心の蛇口」のデザインについて

↓千曲市のキャラクター「あん姫」をあしらった説明板です。

kanban

山に雨が降ります。時には長い間降り続くこともあります。

そんな時も豊かな森は、降った雨をやさしく受け止めて、土の中に貯え、ゆっくりと川に送り出し、きれいな水を私たちのもとに届けてくれます。

しかし、豊かな水も、ひとたび森が元気をなくしてしまえば、美しさを失うことや、涸れてしまったり、時には土砂流出を引き起こすこともあります。

そんな大切な森を守り、多くの水を生み出す森を育て、後世に残していくことが我々の役目ではないでしょうか。

そんな思いを込め、水と関わりの深い「木」をデザインしました。

お披露目式

 

kaijo aisatsu
雨の中、白鳥園でお披露目式が行われました。 小林公営企業管理者よりご挨拶申し上げました。
tikumashicho nishizawagiin
岡田千曲市長様よりご挨拶いただきました。 西沢長野県議会議長様からご祝辞をいただきました。
wadagiin tusuishiki
和田千曲市議会議長様からご祝辞をいただきました。 「安心の蛇口」通水式の様子

tusuisiki2

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企業局 

電話番号:026-235-7381

ファックス:026-235-7388

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?