ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)6月プレスリリース資料 > 奈良井ダムの貯水量減少に伴い、松塩水道用水の送水量を制限します

ここから本文です。

更新日:2017年6月29日

奈良井ダムの貯水量減少に伴い、松塩水道用水の送水量を制限します。これによる利用者の皆様の水道水利用への影響はありません。

長野県(企業局)プレスリリース平成29年(2017年)6月29日

4月下旬からの少雨により、県営奈良井ダムの貯水量が減少していることから、今後の水道用水を確保するため、6月30日(金曜日)から段階的に送水制限を実施し、送水量を30%制限します。

制限する水量分は、各市村の予備水源を活用して調整されるため、住民及び事業者の皆様の水道水のご利用に影響はありません。

1送水制限の内容

水道用水の送水先である松本市、塩尻市及び山形村と調整し、水道用水の送水量を30%制限する。

なお、予備水源の切替調整等を行うため、20%から実施する。

(通常 81,000㎥/日→ 20%制限 64,800㎥/日→ 30%制限 56,700㎥/日)

2送水制限の期間

平成29年6月30日(金曜日)から当分の間

【参考】

<5月~6月の降水量(奈良井ダム)>

S62~H28年平均

H29

平年の4割程度

409㎜

162㎜

 <6月のダム流入量>

H19~H28年平均

H29

平年の10年間で最低

2.68㎥/秒

1.32㎥/秒

  <ダムの貯水率の推移>

区  分

5月20日

5月25日

6月1日

6月10日

6月20日

6月29日 

貯水率

87.7%

67.7%

55.8%

52.6%

 47.8%

49.5%※ 

取水対応 農業用水等

-

28%削減

46%削減

松塩用水(取水)

-

1%削減

3%削減

 ※過去10年間の6月末の貯水率との比較では、2番目に低い。

 


しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中
担当部署 企業局水道事業課技術管理係
担当者 (課長)米久保篤(企画幹)太田幸彦
電話

026-235-7381(直通)

026-232-0111(代表)内線3916

ファックス 026-235-7388
メール

kigyo@pref.nagano.lg.jp

担当部署 企業局松塩水道用水管理事務所
担当者 (所長)竹淵哲雄(企画幹)宮下万由美
電話 0263-52-3330(直通)
ファックス 0263-52-3331
メール shoensui@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?