ここから本文です。

更新日:2015年2月6日

 

 平成27年(2015年) 2月6日
 長野県建設部 建設政策課 経理係
  (課長)内堀幸夫 (担当) 保科千丈
  電話 : 026-235-7292(直通)

        026-232-0111(内線3315)
  F A X : 026-235-7482
  E-mail:kensetsu@pref.nagano.lg.jp

 

平 成 27 年 度 当 初 予 算 案 の 概 要

建 設 部

1 予算額

(単位:千円、 %)

会   計   名

27年度当初予算額

(A)

26年度当初予算額
(B)
差引増減
(A) - (B)
(A)/(B)

一  般  会  計

98,640,759 94,696,888 3,943,871

104.2

 

(課別内訳)

(単位:千円、%)

課    名

 27年度当初予算額

(A)

 26年度当初予算額

(B)

差引増減
(A)-(B)
(A)/(B)

道路管理課

20,212,668 20,655,206 △ 442,538

97.9

道路建設課

20,576,624 18,997,852 1,578,772

108.3

河 川 課

15,456,910 12,889,755 2,567,155

119.9

砂 防 課

11,480,469 11,317,530 162,939

101.4

都市・まちづくり課 

7,294,085 7,147,666 146,419

102.0

建築住宅課

3,552,374 3,490,600 61,774

101.8

施 設 課

2,479,883 2,989,583 △ 509,700

83.0

建設政策課

17,587,746 17,208,696 379,050

102.2

 

(性質別内訳)

(単位:千円、%)

区   分 27年度当初予算額
(A)
26年度当初予算額
(B)
差引増減
(A)-(B)
(A)/(B)

補助公共事業

46,272,000

44,567,000

1,705,000

103.8

県単独公共事業

16,064,039

16,058,887

5,152

100.0

災害復旧費

7,099,791

3,577,878

3,521,913

198.4

直轄事業負担金

12,610,000

12,040,000

570,000

104.7

北陸新幹線
建設費負担金

469,000

1,831,000

△ 1,362,000

25.6

その他
職員人件費など

16,125,929

16,622,123

△ 496,194

97.0

 

 

【参 考】 (補助公共事業課別内訳)

(単位:千円)

課   名 27年度
当初予算
(A)
26年度
当初予算
(B)
差引増減
(A)-(B)
2月補正(経済対策)を含む比較
27年度当初

26年度2月補正
(C)
26年度当初

25年度2月補正
(D) 
差引増減
(C)-(D)

道路管理課

10,006,000

10,480,000

△ 474,000

11,350,530

13,292,950

△ 1,942,420

道路建設課

15,530,000

12,992,000

2,538,000

15,530,000

19,989,470

△ 4,459,470

河   川   課

5,049,000

6,003,000

△ 954,000

5,265,546

8,664,604

△ 3,399,058

砂  防  課

10,679,000

10,524,000

155,000

11,642,984

13,198,800

△ 1,555,816

都市・まちづくり課

5,008,000

4,568,000

440,000

5,050,000

6,474,000

△ 1,424,000

46,272,000

44,567,000

1,705,000

48,839,060

61,619,824

△ 12,780,764

 

 2 予算案のポイント

 確かな暮らしが営まれる美しい信州

  平成26年は、豪雪、局地的豪雨、火山噴火、地震と、大きな災害にたて続けに見まわれ、甚大な被害が発生しました。

  この経験と教訓を踏まえ、被災された方々へのきめ細かな再建支援と被災箇所の災害復旧を迅速に進めるとともに、「しあわせ信州創造プラン」の着実な実施により、「確かな暮らしが営まれる美しい信州」を目指します。 

被災地の復旧・復興に向けた取り組み

  被災された方々が、住み慣れた地域に安心して暮らせるよう、市町村や関係機関等と連携して、被災地の復旧・復興を迅速に進めます。

安全で安心して暮らせる長野県づくり

  自然災害から生命と財産を守るため、防災基盤の整備(ハード対策)に加えて、防災情報の提供や警戒避難体制の構築などのソフト対策を行う総合的な防災・減災対策に取り組み「安全で安心して暮らせる長野県」を目指します。

◆ 危機管理体制の充実と広範に連携した防災情報の提供(ソフト対策)

  地域の皆さんと 協働し、ハザードマップの作成や防災訓練などを通じて地域防災力の向上を目指すとともに、土砂災害警戒区域の指定等を行い、防災情報を迅速かつ正確に提供します。

 

◆ 防災基盤の整備促進(ハード対策)

  多発する自然災害から生命と財産を守るため、河川施設の整備や砂防堰堤の整備など災害に強い地域づくりを進めるとともに、緊急輸送路の防災対策、住宅や災害時の避難所となる建築物の耐震化などを重点的に進めます。

 

 豊かで持続可能な地域づくり

 ◆ 未来を見据えた維持管理と社会資本ストックの有効活用

 急速に進行する道路施設などの老朽化に対応するため、長寿命化修繕計画に基づいた計画的な修繕・対策を行うとともに、ライフサイクルコストの縮減・平準化を図ります。

 

◆ 地域の活力を高める交通基盤の整備

 県内外の交流と連携を促進し、県民の快適な生活と経済活動を支える高速交通網、幹線道路網や地域の暮らしを支える生活道路の整備を進めます。

 

◆ 誰もが快適で安心して暮らせるまちづくりの推進

 人口減少や少子高齢社会を迎え、誰もが快適で暮らしやすいまちづくりを推進するため、機能的でうるおいある都市環境の創出とゆとりある住環境の整備を進めます。

 

◆ 豊かな自然と美しい景観の保全と育成の推進

 信州の美しい景観を維持、創造するため、諏訪湖の水質浄化などを行うとともに、地域の皆さんが行う道路や河川などの美化活動の支援を行います。

  

3 施策体系      (別紙1)

4 主要事業一覧 (別紙2)

5 補助公共事業実施予定箇所一覧

 (参考)

 (1) 平成27年度建設部当初予算案総括表

 (2) 当初予算額の推移

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建設政策課

電話番号:026-235-7292

ファックス:026-235-7482

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?