ホーム > 県政情報・統計 > 入札・調達 > 一般競争入札への参加手続きについて

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

一般競争入札への参加手続について(物件の買入れ等)

品調達の一般競争入札は、調達案件をホームページで公告し、広く入札への参加を求め、予定価格の制限の範囲内で最低の価格で入札した方と契約を締結する制度です。
般競争入札に参加するためには、長野県の物品等に係る入札参加資格を取得する必要があります。

請方法へ

1札参加者に必要な資格の確認

  • 入札参加に必要な資格を、入札公告で確認してください。
    なお、長野県の入札参加資格を有しない者であっても、開札時までに資格の確認を受けることを条件に入札書を提出することができます。

    詳細については、入札説明書をご覧ください。(PDF:329KB)

2入札申込書の提出

(代理人が入札を行う場合で、委任状が必要な場合は、委任状を添付してください。)

3術資料等の提出

  • 調達案件によっては、入札前に技術資料等の提出を求める場合があります。入札公告でご確認のうえ、提出してください。

4札保証金の納入

  • 入札保証金とは、入札に当たりあらかじめ長野県に納付する保証金をいい、落札者が契約を締結しない場合には、納付した保証金は県に帰属します。
  • なお、一定の条件を満たした参加者については納付が免除されますが、納付が必要とされた参加者は、入札書提出時までに納付してください。

5札及び開札

  • 入札に参加する者は、物品調達情報の調達案件一覧に掲示した各案件の入札書様式をダウンロードし、必要事項を記載のうえ、公告に記載された入札日時に入札会場にて、直接入札書を提出してください。
  • この際、一度提出した入札書については引き替え、変更又は取り消しをすることができませんので注意してください。
  • 入札公告に記載がある場合には郵便(一般書留、簡易書留に限る)により提出することができます。
    上記以外の方法による入札書の提出は受理しませんので注意してください。
  • 開札は入札参加者立会いのもと、入札に引き続いて行ないます。
  • 開札を行なった結果、予定価格の制限に達した価格の入札がないときは、再度の入札を行います。
  • 入札参加者は入札開始以後終了までの間は、入札会場に出入りできません。


6札説明書等

一般競争入札に参加される方は、次の入札説明書及び物品調達標準契約書をご覧いただき、承諾のうえで参加してください。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

会計局契約・検査課

電話番号:026-235-7079

ファックス:026-235-7472

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?