ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 健康増進 > 長野県のたばこに対する取組

ここから本文です。

更新日:2016年6月28日

長野県のたばこに対する取組

喫煙は、がん、心臓病、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫や慢性気管支炎)をはじめとして、さまざまな病気の引き金となることが明らかになっています。

また、たばこの煙には、有害物質が多く含まれ、たばこの煙を吸わされる受動喫煙によっても、頭痛、せき・くしゃみ、目・のどの痛みがおこる他、肺がん、心臓病などの健康への影響があります。

長野県では、県民の参加と協力によるたばこによる害のない信州を目指して、「たばこ対策推進事業」を進めています。

未成年への喫煙防止(防煙)

未成年者の喫煙・飲酒状況等調査

 

受動喫煙を無くすための環境づくり(分煙)

受動喫煙防止対策の概要をまとめましたので、受動喫煙防止対策実施の参考としてください

受動喫煙防止対策について(PDF:361KB)

「おいしい空気の環境づくり推進」信州おもてなし事業

禁煙セールスマン事業

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課

電話番号:026-235-7112

ファックス:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?