ホーム > 暮らし・環境 > 住まい・景観 > 耐震・改修 > 「耐震補強技術等の評価」メインページ

ここから本文です。

更新日:2016年10月14日

「耐震補強技術等の評価」メインページ

既存木造住宅耐震補強の評価工法について-長野県住宅・建築物耐震改修促進事業の補助対象技術-

長野県では、県と市町村が協力し、近い将来発生が予想されている東海地震などの大規模地震に備え、『長野県住宅・建築物耐震改修促進事業(旧すまいの安全「とうかい」防止対策事業)』を、県下全域を対象として、平成14年度から平成27年度まで実施しています。

地震による住宅倒壊等の被害を最小限のものとするためには、住宅の耐震性の向上が何よりも重要であり、耐震診断により耐震性能が低いとされた住宅所有者の皆様には、耐震補強工事を実施していただく必要があります。

県では、平成16年度からこの取り組みの一つとして、民間で開発されている新しい工法等が耐震補強工事の補助対象として有効な技術等であるかどうかを評価するため、学識経験者、技術者で構成する「長野県建築物構造専門委員会(平成23年8月に「長野県既存建築物耐震化評価委員会」から名称を変更)」を設置しました。

開発者からの申請に基づき審査・評価を行い、既存木造住宅の耐震性を向上させるものと評価された技術等については、評価書を交付しております。

上記からダウンロードした場合、評価工法の一覧には平成21年度以降の評価工法は掲載されていません。

このパンフレットは、評価書が交付されている工法の概要を紹介するとともに、耐震補強に要する工事費を算出するための資料を掲載しております。耐震補強を進めていただくために御活用ください。

平成21年度以降の評価工法を追加した一覧は以下のページ別リンクからダウンロードできます。

耐震ポール工法は、申請者が長野県内での施工体制を確保しないこととなったため、平成25年3月15日付で評価の辞退届を受理しました。

(仕様が変更・追加されています。(平成24年1月5日再評価)→「23.ガーディアン工法」)

≪平成21年度以降の評価工法≫

 

評価済補強技術等問い合わせ先の一覧

現在、評価申請を受け付けています。
評価された技術等は順次掲載いたします。個々の技術の設計・施工方法や評価内容につきましては、下記の各企業連絡先にお問い合わせください。

関連資料等

既存木造住宅の耐震補強に関する技術等の評価実施要領(PDF:77KB)

評価申請書作成要領(PDF:121KB)

評価申請書作成要領(ワード:46KB)

NO.1GHハイブリッド制震工法

  • 評価年月日

平成17年5月26日

  • 工法の概要

木造住宅の壁面にオイルダンパを取付けることで、地震時の振動エネルギーを吸収し、建物の揺れを抑える。

  • 会社名

江戸川木材工業株式会社、株式会社日立製作所

  • 連絡先住所

東京都江東区新木場1-3-16

  • 電話番号

03-3521-3190

NO.2木造軸組補強構法「仕口ダンパー」

  • 評価年月日

平成17年5月26日

  • 工法の概要

木造軸組構築物の柱と梁接合部にダンパー(減衰装置)を取り付けることにより、他の筋かい等の耐震要素と併せ、強度と減衰のバランスの良い補強を行うことにより、建物の耐震性の向上を図る。

  • 会社名

株式会社鴻池組

  • 連絡先住所

大阪府大阪市中央区北久宝寺町三丁目6番1号

  • 電話番号

06-6244-3588

NO.3外付GDブレース工法

  • 評価年月日

平成17年5月26日

  • 工法の概要

ステンレス製のGDブレースで、木造住宅の壁量不足を補う補強工法。外壁を剥がさず施工できる。

  • 会社名

グランデータ株式会社

  • 連絡先住所

東京都立川市柴崎町5-16-31

  • 電話番号

042-523-7800

NO.4J-耐震開口フレーム

  • 評価年月日

平成18年11月30日

  • 工法の概要

開口部に、構造用集製材等を形成したBOX型や門型のフレームを設置することにより壁量を補う補強工法。
開口部を塞ぐことなく壁を増設するのと同様の補強効果が得られる。

  • 会社名

J建築システム株式会社

  • 連絡先住所

北海道札幌市南区南沢2条3丁目13-30JASビル

  • 電話番号

011-573-7779

NO.5耐震ポール工法(現在取扱いしていません。平成25年3月15日)

  • 評価年月日

平成18年11月30日

  • 工法の概要

建物を鋼管耐震ポールの設置によって外部から補強し、建物の倒壊を防止する工法。
地震の際、建物に加わる地震力をポールに負担させ、建物の倒壊を防止する。

  • 会社名

株式会社シーク建築研究所

  • 連絡先住所

神奈川県横浜市金沢区福浦1丁目1番地1
横浜金沢ハイテクセンターテクノコア6階

  • 電話番号

045-780-1155

NO.6パワーガード工法

  • 評価年月日

平成19年7月20日

  • 工法の概要

制震金具パワーガードを用いて、既存のフレームを補強する工法。
柱・梁等の接合部の回転により摩擦パッド及び板バネが変形しながら抵抗することで耐震性能を向上させる。

  • 会社名

株式会社サカエ
東海EC株式会社

  • 連絡先住所

愛知県豊明市西川町善波6-15

  • 電話番号

0562-93-1161

NO.7ダイライト耐震かべ

 

  • 評価年月日

平成20年8月6日

  • 工法の概要

既存の床・天井を壊さずに、内壁に耐震パネルを取り付けて補強する工法。大壁仕様、真壁仕様、入隅仕様等の14種類施工仕様がある。

  • 会社名

大建工業株式会社

  • 連絡先住所

岡山県岡山市南区海岸通2-5-8

  • 電話番号

086-262-5912

 

NO.8マゼランを用いた耐震補強工法

  • 評価年月日

平成19年7月20日

  • 工法の概要

軸組の仕口部に板ばねと発砲樹脂から構成されるマゼランを用いて補強する工法。

  • 会社名

株式会社JSP
中村物産株式会社

  • 連絡先住所

宮城県仙台市太白区砂押南町1-4誠和ビル2F

  • 電話番号

022-308-5250

NO.9かべつよし・モイスかべつよし

  • 評価年月日

平成19年7月20日

  • 工法の概要

耐震ボードとして、「かべつよし」はミテ゛ィアム・テ゛ンシティ・ファイハ゛ーホ゛ート゛、「モイスかべつよし」は繊維混入ケイ酸カルシウム板を、既存内壁に留め付け補強する工法。既存の床・天井を壊さずに施工可能。

  • 会社名

エイム株式会社

  • 連絡先住所

埼玉県川口市弥生平2-20-3エイムWingビル

  • 電話番号

048-224-8160

NO.10ひかりかべつよし

  • 評価年月日

平成19年7月20日

  • 工法の概要

採光と通風を取ることができる繊維強化プラスチックの面材を、既存内壁に留め付けて耐震補強する工法。

  • 会社名

エイム株式会社

  • 連絡先住所

埼玉県川口市弥生平2-20-3エイムWingビル

  • 電話番号

048-224-8160

 

NO.11タイガーグラスロック耐震壁

  • 評価年月日

平成20年5月1日

  • 工法の概要

耐震面材として、厚さ12.5mmのタイガーグラスロックを使用し、これを既存内壁に取り付けて耐震補強する工法

  • 会社名

吉野石膏株式会社

  • 連絡先住所

長野営業所長野市大字中御所180-2住友生命長野岡田町ビル3F

  • 電話番号

026-228-3091

 

NO.12アサンテ耐震システム

  • 評価年月日

平成20年5月1日

  • 工法の概要

既存住宅の壁を構造用合板と三角金物の15種類の組み合わせにより補強する工法

  • 会社名

株式会社アサンテ

  • 連絡先住所

東京都新宿区新宿1-33-15

  • 電話番号

03-3226-5511

 

NO.13ブーメラン工法

  • 評価年月日

平成20年8月6日

  • 工法の概要

既存住宅の筋交い接合部、柱接合部、基礎にブーメランフレーム金物をボルト、ビス等で固定補強し耐震性を向上させる工法

  • 会社名

株式会社ウエハラ

  • 連絡先住所

埼玉県熊谷市小曽根1285

  • 電話番号

048-523-3950

 

NO.14耐震セイフティ工法

  • 評価年月日

平成20年8月6日

  • 工法の概要

既存住宅の垂れ壁及び腰壁に三角火打金物を取り付け、無開口部・開口部を耐力壁として機能させることにより耐震性を向上させる工法

  • 会社名

株式会社オキナヤ、耐震補強研究所株式会社

  • 連絡先住所

埼玉県熊谷市江南中央2-17-1

  • 電話番号

048-539-3377

 

NO.15外付耐震補強工法ガンコモンG1,G2

  • 評価年月日

平成21年2月19日

  • 工法の概要

ガンコモンG1は、既存住宅の外周の軸組接合部に沿って構造用合板を横方向に打ち付け建物全体の耐震性を向上させる工法、ガンコモンG2は、開口部に鉄骨L型鋼を組み合わせたフレームを取り付け補強し耐震性を向上させる工法

  • 会社名

株式会社F設計

  • 連絡先住所

静岡県静岡市清水区袖師町157

  • 電話番号

054-270-6364

 

NO.16ガーディアン工法制振・耐震・フレーム補強(仕様変更・追加あり⇒No.23)

  • 評価年月日

平成21年2月19日

  • 工法の概要

既存住宅の床や天井を壊さず、粘弾性ダンパーを利用した制振補強壁、専用の耐震補強金物を利用する耐震補強壁、専用の柱頭柱脚金物を利用するフレーム補強により耐震性を向上させる工法

  • 会社名

株式会社住宅構造研究所

  • 連絡先住所

東京都足立区東保木間1-4-2

  • 電話番号

03-3860-5551

 

NO.17コンクリート基礎補強工法がんこおやじ

  • 評価年月日

平成21年2月19日

  • 工法の概要

既存住宅の基礎の立ち上がり部の側面に、炭素繊維ドライシートをマトリックス樹脂で接着して補強し耐震性を向上させる工法

  • 会社名

株式会社ジェイビーエス

  • 連絡先住所

埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎1038

  • 電話番号

048-688-1680

 

NO.18耐震補強壁工法AT-WALL壁王(販売終了:平成28年10月12日)

  • 評価年月日

平成21年10月13日

  • 工法の概要

既存の外壁を撤去した後に、構造用合板を用いた通気横胴縁を設置し、サイディングを縦張りで横架材間にビス留めによって強固に取り付けることで壁耐力を向上させる工法

  • 会社名

旭トステム外装株式会社

  • 連絡先住所

東京都江東区毛利1-19-10江間忠錦糸町ビル6F

  • 電話番号

03-5638-5115

 

NO.19Hiダイナミック制震工法(追加・変更あり⇒No.30)

  • 評価年月日

平成21年10月13日

  • 工法の概要

鋼製フレーム又は構造用合板を利用しオイルダンパを取り付けることで、地震時の振動エネルギーを吸収する工法

  • 会社名

江戸川木材工業株式会社

  • 連絡先住所

東京都江東区新木場1-3-16

  • 電話番号

03-3521-3190

 

NO.20TRCダンパー制震工法(TRC-10S,TRC-30W)

  • 評価年月日

平成22年7月30日

  • 工法の概要

TRC-10Sは木造軸組工法の建物の柱と梁・土台が交差する仕口部に、TRC-30Wは筋交いの中間部に筒型の粘弾性ダンパーを設置することで、建物の振動エネルギーを吸収する工法

  • 会社名

東海ゴム工業株式会社

  • 連絡先住所

愛知県小牧市東3-1

  • 電話番号

0568-77-3571

 

NO.21戸建て木造住宅用外付け耐震補強工法「ウッドピタブレース」(半間タイプ、1間タイプ、半間上部タイプ、1間上部タイプ)(追加・変更あり⇒No.31)

  • 評価年月日

平成22年7月30日

  • 工法の概要

ターンバックル付きブレースとウッドピタアンカーおよび接合プレートで構成されたシステムであり、低コストで居つき施工を可能にするために、建物外部からブレース材を取り付けることで既存木造住宅の耐震性能を向上させる外付け補強工法。

  • 会社名

矢作建設工業株式会社

  • 連絡先住所

愛知県名古屋市東区葵3-19-7

  • 電話番号

052-935-5833

 

NO.22耐震スプリング工法(Lパワー工法)

  • 評価年月日

平成23年9月12日

  • 工法の概要

「耐震スプリング工法」は、既存の在来軸組構法住宅の柱と横架材の仕口部に「耐震スプリング」を六角スクリューで取り付けて「ユニット」を形成し、有開口耐力壁として地震時の構造耐力を向上させる技術。

  • 会社名

株式会社北栄建設

  • 連絡先住所

岐阜県郡上市白鳥町二日町645-1

  • 電話番号

0575-82-5666

 

NO.23ガーディアン工法(No.16より仕様変更・追加)

  • 評価年月日

平成24年1月5日

  • 工法の概要

ガーディアン工法は筋かい補強壁ガーディアンシールド、耐震補強壁ガーディアンウォール及び制振補強壁ガーディアンフォースの総称。
・筋かい補強壁ガーディアンシールド柱頭柱脚接合金物を柱と横架材の仕口4ヶ所に取り付けたフレーム仕様、さらに木製筋かいを設置した木製ブレース仕様、また、鋼製筋かいを設置した鋼製ブレース仕様の3種類を有する補強技術。
・耐震補強壁ガーディアンウォール柱間に横桟を配し、910mm×910mmを基本とした構造用合板(t9又はt12)をビスで留め付ける補強技術。
・制振補強壁ガーディアンフォース粘弾性ダンパーを厚さ28mmの構造用合板を介して柱に接合する補強技術。

  • 会社名

株式会社住宅構造研究所

  • 連絡先住所

東京都足立区東保木間1-4-2

  • 電話番号

03-3860-5551

 

NO.24木造SRF基礎補強工法

  • 評価年月日

平成24年1月5日

  • 工法の概要

ポリエステル繊維を織製した高延性材をポリウレタン系一液性無溶剤接着剤により、基礎表面に設置して補強する工法。

  • 会社名

構造品質保証研究所株式会社

  • 連絡先住所

東京都千代田区三崎町2-7-10

  • 電話番号

03-5214-3431

 

NO.25木造SRF接合部補強工法

  • 評価年月日

平成24年1月5日

  • 工法の概要

ポリエステル繊維を織製した高延性材をポリウレタン系一液性無溶剤接着剤により、接合部に貼り付けて補強する工法。

  • 会社名

構造品質保証研究所株式会社

  • 連絡先住所

東京都千代田区三崎町2-7-10

  • 電話番号

03-5214-3431

 

NO.26木造SRF壁補強工法

  • 評価年月日

平成24年1月5日

  • 工法の概要

ポリエステル繊維を織製した高延性材をポリウレタン系一液性無溶剤接着剤により、構造用合板の釘打ち部(際)に設置して釘を増打ちする工法。

  • 会社名

構造品質保証研究所株式会社

  • 連絡先住所

東京都千代田区三崎町2-7-10

  • 電話番号

03-5214-3431

 

NO.27ウッドピタフレーム(追加・変更あり⇒No.32)

  • 評価年月日

平成24年1月5日

  • 工法の概要

建物外部からフレーム材を取り付けることで既存木造住宅の耐震性能を向上させる外付け耐震補強工法。

  • 会社名

矢作建設工業株式会社

  • 連絡先住所

愛知県名古屋市東区葵3-19-7

  • 電話番号

052-935-5833

 

NO.28コボット・ステンブレースシステム

  • 評価年月日

平成24年3月27日

  • 工法の概要

柱と土台、梁の接合部をコボット本体が固定し、コボット本体にワンタッチピンで留め付けたステンレス製ブレースが耐力壁、あるいは床構面として働く。

  • 会社名

株式会社国元商会

  • 連絡先住所

大阪府大阪市鶴見区今津北3-4-27

  • 電話番号

06-6962-8800

NO.29アルミニウム合金製耐震補強枠

  • 評価年月日

平成25年2月22日

  • 工法の概要

アルミニウム合金形材を用いて剛性の高い矩形を形成し、開口部の外側に設置し、上部を横架材に木ねじで固定し、下部を基礎と一体になるように地面に埋め込み、コンクリートを充填。こうして耐震補強枠の剛性により地震時の変形を抑える。

  • 会社名

一般社団法人カーテンウォール・防火開口部協会

  • 連絡先住所

東京都港区西新橋1-1-21日本酒造会館2階

  • 電話番号

03-3500-3891

NO.30Hiダイナミック制震工法(No.19より追加・変更)

  • 評価年月日

平成25年2月22日

  • 工法の概要

準備中です。

  • 会社名

江戸川木材工業株式会社

  • 連絡先住所

東京都江東区新木場1-3-16

  • 電話番号

03-3521-3190

NO.31戸建て木造住宅用外付け耐震補強工法「ウッドピタブレース」(No.21より追加・変更)

  • 評価年月日

平成25年9月27日

  • 工法の概要

ターンバックル付きブレースとウッドピタアンカーおよび接合プレートで構成されたシステムであり,低コストで居つき施工を可能にするために,建物の外部からブレース材を取付けることで既存木造住宅の耐震性能を向上させる外付け補強工法。(適用範囲の拡大,性能値の見直しによる追加変更)

  • 会社名

矢作建設工業株式会社

  • 連絡先住所

愛知県名古屋市東区葵3-19-7

  • 電話番号

052-935-2535

NO.32戸建て木造住宅用外付け耐震補強工法「ウッドピタフレーム」(No.27より追加・変更)

  • 評価年月日

平成25年9月27日

  • 工法の概要

建物の外部から鉄骨ラーメンフレーム材を取付けることで既存木造住宅の耐震性能を向上させる外付け補強工法。補強部材である鉄骨ラーメンフレーム材は,上部側はウッドピタアンカーFを介して既存建物と接合し,下部側は打増し基礎にアンカーボルトを介して接合させる。(適用範囲の拡大,性能値の見直しによる追加変更)

  • 会社名

矢作建設工業株式会社

  • 連絡先住所

愛知県名古屋市東区葵3-19-7

  • 電話番号

052-935-2535

 

 

NO.33耐震LaZo工法

  • 評価年月日

平成25年9月27日

  • 工法の概要

「既存外壁の上から耐力面材(構造用合板9mm/12mmまたはMDF9mm)を専用ビスで固定し、耐震性を向上させる工法。コーティング用樹脂で防水性を確保し、外壁をモルタルもしくはサイディングで仕上げる。

  • 会社名

株式会社カネシン

  • 連絡先住所

東京都葛飾区奥戸4-19-12

  • 電話番号

03-3696-6781

 

NO.34ニチハ耐力面材「あんしん」耐震リフォーム工法

  • 評価年月日

平成26年2月4日

  • 工法の概要

木造軸組住宅の外装リフォームに際して、住宅の耐震性能を向上させるための外壁下地材の耐力面材を使用する工法。(一財)日本建築物防災協会の住宅等防災技術評価(DPA-住技-46)を取得済み。

  • 会社名

ニチハ株式会社

  • 連絡先住所

東京都中央区日本橋本町1-6-5ツカモトビル3F

  • 電話番号

ニチハ株式会社市場開発部03-5205-3916

 

その他、評価された技術等は、順次掲載いたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7335

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?