ホーム > 暮らし・環境 > 住まい・景観 > 支援・補助 > 住宅・建築物安全ストック形成事業

ここから本文です。

更新日:2017年7月20日

住宅・建築物安全ストック形成事業

民間建築物のアスベスト除去工事等への補助について(住宅・建築物安全ストック形成事業)

アスベスト(石綿)とは?

 アスベストは、石綿(せきめん、いしわた)とも呼ばれる天然の鉱物繊維です。代表的なものは、白石綿(クリソタイル)、青石綿(クロシドライト)、茶石綿(アモサイト)の3種類です。熱や摩擦、酸やアルカリにも強く、丈夫で変化しにくいという特性があり、採取されたものの約9割が建築材料として使用されてきました。

健康への影響は?

 現在確認されているアスベストによる健康被害の多くは、アスベストが飛散する作業現場等での吸い込みに起因するものです。アスベストの繊維は、きわめて細いため、浮遊しやすいのですが、吸い込むと、肺がんや悪性中皮腫、アスベスト肺などの原因になります。
 アスベストは、断熱性や絶縁性にとみ、安価であったため、様々な建材に使用されてきました。例えば、鉄骨造の建物の梁や柱への吹付け、エレベーター機械室、空調機械室、ボイラー室の天井や壁の仕上げなどに使用されています。
 このため、これらが劣化して飛散したり、建物の解体や改修工事により飛散することがないよう、除去や封じ込めなどを確実に行う必要があります。

民間建築物のアスベスト除去に対する補助

 国や県の支援の下、市町村が民間建築物のアスベスト除去に対する補助制度を設けることができることとされています。
 長野県内では、平成25年10月1日現在 21市町村が補助制度を設けています。

※市町村毎に制度の内容に異なる部分がありますので、詳細は各市町村の担当部署へお問い合わせください。

関連リンク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建築住宅課

電話番号:026-235-7335

ファックス:026-235-7479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?