ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 応急危険度判定実施にあたり判定士の指導・支援を行う「応急危険度判定コーディネーター」の研修会を開催します

ここから本文です。

更新日:2017年10月2日

応急危険度判定実施にあたり判定士の指導・支援を行う「応急危険度判定コーディネーター」の研修会を開催します

長野県(建設部)プレスリリース平成29年(2017年)10月2日

地震により被害を受けた建築物が引き続き安全に使用できるかを応急的に調査し、余震等による倒壊や部材の落下等による二次災害発生の危険度を判定する応急危険度判定の実施にあたり、市町村が設置する判定実施本部及び判定拠点における判定コーディネーター等の役割を体系的に習得するための研修会を県内4会場において開催します。

開催日時及び会場

回 数

地 域

開   催   日

会      場

想定被災市

参加市町村

 第1回

東 信

10月11日(水)

 上田合同庁舎 講堂

上田市

 東信地域の市町村

第2回

南 信

10月19日(木)

 飯田合同庁舎 講堂

飯田市

 南信地域の市町村

第3回

中 信

11月 9日(木)

 安曇野庁舎 講堂

松本市

 中信地域の市町村

第4回

北 信

11月16日(木)

 長野県庁 講堂

長野市

 北信地域の市町村

 

 

 

 

 

 
 ※ 時間は10:00から16:30まで(各回共通)

 主 催

 建築住宅課、建設事務所 建築課又は整備・建築課

受講対象者

 市町村職員(被災建築物応急危険度判定担当等)
 一般社団法人 長野県建築士会 会員

研修内容

 研修Ⅰ 応急危険度判定制度及び判定コーディネーターの役割
 研修Ⅱ シナリオ演習
  ① 演習1【判定実施本部業務】
     地震発生から県災害対策本部への支援要請まで
  ② 演習2【判定実施本部業務】
     判定実施計画の策定
  ③ 演習3【コーディネーター業務】
     判定実施の準備から判定結果の集計まで
  ④ 演習4【判定実施本部業務】
     判定結果集計の報告から判定実施本部の解散まで

 

 


 

 

担当部署 建設部建築住宅課 指導審査係
担当者 (課長)岩田 隆広 (担当)佐々木 武信
電話  026-235-7335(直通)
ファックス  026-235-7479
メール  kenchiku@pref.nagano.lg.jp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?