ホーム > 社会基盤 > 河川 > 災害復旧 > 長野県防災サポートアドバイザー(SA)派遣制度

ここから本文です。

更新日:2016年5月24日

長野県防災サポートアドバイザー(SA)派遣制度

 

 異常な天然現象により公共土木施設が被災した際、建設事務所、砂防事務所、市町村からの要請に基づき、「防災サポートアドバイザー」を現地に派遣し、災害復旧活動をボランティアとして支援する制度で「長野県防災サポートアドバイザー協会」(事務局:(公財)長野県建設技術センター)が運営しています。
 SAは長野県建設部(旧土木部)および(公財)長野県建設技術センターの土木技術者OB等、145名(平成29年4月1日現在)で構成され、平成24年6月15日に本協会、(公財)長野県建設技術センター、長野県の3者で公共土木施設災害復旧事業の支援に関する協定が締結されました。

 

◆災害復旧支援活動

 1災害調査に関する支援(管理者と協働で実施)

 2復旧工法に関する技術的助言

 1、2については原則、災害時の初動体制における災害調査に関する支援

 3災害に関する自主通報

 4災害復旧技術の継承活動bousaiSA

◆サポートアドバイザー制度の活用状況

 

◆長野県建設技術センターへのリンク(外部サイト)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部河川課

電話番号:026-235-7308

ファックス:026-225-7069

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?