ホーム > 暮らし・環境 > 消防・防災 > 原子力災害 > 放射線等に関する情報 > 長野県内の空間放射線量等(北朝鮮核実験関連)

ここから本文です。

更新日:2017年9月12日

長野県内の空間放射線量率等<北朝鮮核実験関連>


平成29年9月3日12時30分頃の北朝鮮による核実験の実施を受け、原子力規制庁の指示により、長野県ではモニタリングポストによる空間放射線量率の常時観測のほか、同日から「降下物」及び「大気浮遊じん」に含まれる放射性物質濃度の測定を毎日実施し、県内への影響を監視してまいりました。

全国で実施した全ての測定について、異常な値は検出されていないとの現状を踏まえ、9月12日、原子力規制庁から、今後のモニタリングについては通常体制に移行するよう指示がありましたので、9月3日以降、毎日実施してきた「降下物」及び「大気浮遊じん」の測定を9月12日をもって通常の体制(降下物は1ヵ月に1回、大気浮遊じんは3ヵ月に1回)としました。

モニタリング体制を強化した9月3日から9月12日までの間、当県における全ての測定について、異常な値は検出されませんでした。

空間放射線量率

県内7地点のモニタリングポストにおいて、空間放射線量率を常時観測しています。
(長野市・松本市・飯田市・諏訪市・大町市・飯山市・軽井沢町)
原子力規制委員会ウェブサイトにおいて、これら県内7地点の最新測定値(10分ごとの値)のほか、全国のモニタリングポストの測定値をご覧になれます。

空間放射線量率の最新値はこちら⇒放射線モニタリング情報(原子力規制委員会)(外部サイト)

現在、県内のモニタリングポストにおいて空間放射線量率の異常上昇は確認されておりません。

(今後、異常上昇が確認された場合は、本ウェブサイトでお知らせします。)

大気浮遊じん

長野市の環境保全研究所安茂里庁舎において、毎日エアサンプラーにより、ろ紙を介して大気を吸引し、ろ紙に付着した塵(ちり)に含まれる放射性物質の測定を実施しています。

毎日9時から24時間、降下物を採取し、ゲルマニウム半導体検出器で約6時間測定し、採取開始日の翌日に結果が判明します。

現在、異常な数値は確認されておりません。

降下物

長野市の環境保全研究所安茂里庁舎の屋上に設置した採取器で毎日採取した降水等の降下物に含まれる放射性物質濃度の測定を実施しています。

毎日15時から24時間、降下物を採取し、ゲルマニウム半導体検出器で約6時間測定し、採取開始日の翌々日に結果が判明します。

現在、異常な数値は確認されておりません。

【リンク】(原子力規制委員会)北朝鮮による核実験実施に対する放射能影響の観測結果について(外部サイト)

【リンク】(首相官邸)北朝鮮による核実験の実施情報について(外部サイト)

お問い合わせ

環境部環境政策課

電話番号:026-235-7169

ファックス:026-235-7491

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?