ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 新姫川第六発電所建設計画に伴う環境影響評価方法書に対する知事の意見を提出しました。

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

新姫川第六発電所建設計画に伴う環境影響評価方法書に対する知事の意見を提出しました。

長野県(環境部)プレスリリース 平成27年(2015年) 3月31日

新姫川第六発電所建設計画に伴う環境影響評価方法書について、環境影響評価法第10条第1項及び電気事業法第46条の7第1項の規定に基づき、平成27年3月31日付けで、環境保全の見地からの知事の意見を経済産業大臣あてに提出しました。

1 事業の概要

  • 事業者 黒部川電力株式会社 代表取締役社長 荒井 行雄
  • 種類・規模 水力発電所の建設 最大出力27,500kW
  • 事業実施区域 新潟県糸魚川市

2 知事の意見

別紙のとおり(PDF:97KB)

※方法書については、長野県公式ホームページからご覧いただけます。

 http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/kurashi/kankyo/ekyohyoka/hyoka/tetsuzukichu/sinhimekawadai6/sinnhimekawadai6.html

【参 考】 

環境影響評価方法書について

方法書は、環境影響評価制度(環境アセスメント)の中で定められた書類であり、環境影響評価の方法について、事業者が内容を事前に公開し住民の皆様や関係自治体などから環境保全の見地からの意見を求め、必要に応じて見直しを行い適切な方法を選定することを目的としています。 

知事意見について 

  • 知事は長野県環境影響評価技術委員会の意見や、住民の皆様、関係市町村などからの意見を考慮して、方法書に対する環境保全の見地からの意見を、発電所事業については経済産業大臣に述べることになっています。 
  • 経済産業大臣においては知事意見を勘案し、方法書を審査し必要な勧告を事業者に行います。
  • 事業者においては経済産業大臣の勧告を踏まえ、環境影響評価の調査、予測及び評価の手法などを検討します。

 

 


 

 しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

 

担当部署 環境部環境政策課環境審査係
担当者 (課長)塩谷幸隆 (担当)吉澤晃 
電話

 026-235-7163(直通)

 026-232-0111(代表)内線2782

ファックス  026-235-7491
メール  kankyo@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?