ホーム > 仕事・産業・観光 > 観光 > 関連情報 > 山岳高原を活かした世界水準の滞在型観光地づくり研究会

ここから本文です。

更新日:2014年3月12日

山岳高原を活かした世界水準の滞在型観光地づくり研究会

1 目的

 しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)及び長野県観光振興基本計画[2013~2017]では、「山岳や高原、美しい景観、独自の伝統・文化などの長野県の強みを活かし、世界水準の山岳高原観光地を形成すること」を目標のひとつに掲げ、滞在型の観光地づくりに取り組んでいくこととしています。
 この目標を達成するために、誰がいつ何をすべきかを明らかにし、今後の観光地づくりを進めるための基礎資料を整備することを目的として研究会を開催します。

2 委員名簿(五十音順、敬称略)

有識者委員

氏名 所属 備考
柏 澄子(かしわ すみこ) フリーランスライター/日本山岳ガイド協会公認登山ガイド  
朽木 浩志(くちき ひろし) マゼラン・リゾーツ・アンド・トラスト(株)代表取締役社長  
清水 愼一(しみず しんいち) 立教大学兼任講師 座長
タイラー・リンチ 亀清旅館若旦那(戸倉上山田温泉)  
星野 佳路(ほしの よしはる) (株)星野リゾート代表取締役社長  
山田 桂一郎(やまだ けいいちろう) JTIC.SWISS代表  

行政
 県及び研究会参加7地域【小諸市・東御市/木曽町/松本市/大町市/白馬村/小谷村/信越9市町村広域観光連携会議(北信地方事務所管内市町村・信濃町・飯綱町)計15市町村】

3 研究会の内容

第1回 平成25年7月4日(木曜日) 県庁西庁舎301会議室
第2回 平成25年8月26日(月曜日) 県庁議会棟第1特別会議室
第3回 平成25年10月10日(木曜日) 木曽町役場
第4回 平成25年11月7日(木曜日) 飯山市役所ほか
第5回 平成25年12月19日(木曜日) 大町市役所ほか
第6回 平成26年1月24日(金曜日) 県庁議会棟第1特別会議室

この研究会は「山岳高原を活かした世界水準の滞在型観光地づくり推進事業」の一環として実施しており、研究業務の受託者である特定非営利活動法人SCOP(松本市)が運営しました。

4 「山岳高原を活かした世界水準の滞在型観光地づくり構想」の提言

研究会の清水愼一座長から阿部知事に対し、構想を提言しました。
提言の様子(平成26年3月11日)

お問い合わせ

観光部山岳高原観光課

電話番号:026-235-7251

ファックス:026-235-7257

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?