ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

適正な会計事務の執行と契約の適正化に取り組みます

会計管理者兼会計局長 清水 深

28kaikei2

  会計局では大きく分けて次の二つの業務を行っています。
  一つ目は、適正な会計事務の執行です。
  法令や予算に照らして適当かどうか審査するなど、県の予算が公正・適正に執行されるよう管理しています。適正な会計事務の執行は、コンプライアンスの基本であり、その確保に向けて取り組んでまいります。また、新地方公会計の実施のため、財務会計システムによる複式仕訳を実施しています。適正な決算調製に基づく新財務諸表の公表は、県の説明責任を適切に果たすことにつながるものと考えています。
 二つ目は、入札・契約制度の運用です。「長野県の契約に関する条例」の基本理念を踏まえ、入札や契約に関する仕組みの検討を行うとともに、工事発注や物品調達の事務について指導しています。また、品質の確保や元請下請関係の適正化を図るため、県発注の建設工事等の検査・調査も行っています。
 会計局は、県民の皆様からの信頼と期待に応えられるよう、取り組んでまいります。

お問い合わせ

会計局会計課

電話番号:026-235-7351

ファックス:026-235-7368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?