ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

信州のふくし高齢者がいきいき生活できる地域をつくる~

こども記者体験:信州のふくし高齢者がいきいき生活できる地域をつくる~

皆さんのおうちには、おじいちゃん、おばあちゃんがいますか?
おじいちゃん、おばあちゃんはお元気ですか?


 
お年寄りの中には、病気や高齢(こうれい)のため、体が不自由になったり、寝たきりになったりする人もいます。

そのような状態(じょうたい)になったとき、ご家族だけでお年寄りを支えるのではなく、いろいろな「介護(かいご)サービス」を利用することができます。

「介護(かいご)」とは、毎日の生活を一人で過ごすことができない人のお世話や手助けをすることです。

どんな「介護(かいご)サービス」があるか、少しご紹介しましょう。


  

 ホームヘルプサービス(訪問介護(ほうもんかいご))

介護福祉士(かいごふくしし)という資格(しかく)などをもつ人が、介護(かいご)を必要とする人のご自宅を訪問して、お掃除やお洗濯、食事の世話をしたりします。
 

   

ショートステイ(短期入所生活介護(たんきにゅうしょせいかつかいご))

ふだんお年寄りの介護(かいご)をしているご家族が、仕事の都合や旅行でご自宅を留守にするような場合に、その間だけ、施設(しせつ)でお年寄りの介護をします。

     

特別養護老人ホーム(とくべつようごろうじんほーむ)

寝たきりになったり、認知症(にんちしょう)になって、いつも介護が必要だけれど、一人暮らしなどの理由でご自宅ではお世話することがむずかしい人も大勢(おおぜい)います。こうした人が入所(にゅうしょ)し、毎日の生活のお世話をするための施設です。

  

まとめ
1かにもいろいろな介護サービスがあります。どんなサービスがあるか調べてみよう。
2どんな人がサービスを受けられるか、どんな人がサービスをしているか調べてみよう。
3本や長野県の「高齢化(こうれいか)」について、調べてみよう。
4「介護(かいご)」について、調べてみよう。
5「認知症(にんちしょう)」について、調べてみよう。
  

 

 

 

 

 

お問い合わせ

健康福祉部介護支援課

電話番号:026-235-7111

ファックス:026-235-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?