ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 施策・計画 > 長野県高齢者生活・介護に関する実態調査事業の業務委託候補者の募集について

ここから本文です。

更新日:2016年9月5日

長野県高齢者生活・介護に関する実態調査の業務委託候補者を募集します 

 長野県では、県内高齢者の生活・介護の実態についての調査・分析を3年に1回実施しています。「平成28年度長野県高齢者生活・介護に関する実態調査」の業務委託候補者の募集を行います。本事業はプロポーザル(企画提案)方式で業務委託候補者を決定します。
 ※参加申込みの受付は終了しました。
 

 

「長野県高齢者生活・介護に関する実態調査業務」プロポーザル方式実施要領

1 業務の概要

(1)業務名

 「平成28年度長野県高齢者生活・介護に関する実態調査業務委託」

(2)目的
 介護サービスの充実や介護人材の育成、介護保険施設の整備計画等、次期介護保険事業(支援)計画策定などの基礎資料とするため、県内高齢者の生活実態や介護サービスの利用に対する実情・意向及び施設入所者等の実態、介護事業所等の経営実態、介護従事者の処遇状況等に関する調査を行います。

(3)業務内容

 ア 高齢者の生活・介護に関する実態調査の実施

   以下の4調査を実施します。

   ・居宅要介護・要支援認定者等実態調査 ・元気高齢者等実態調査 ・施設入所(居住)者等実態調査

   ・介護サービス事業所調査

 イ 調査集計及び結果分析

   調査の集計及び結果に基づき全県や介護保険者(市町村等)別などの実態を分析する。

 ※詳細はについては、「平成28年度高齢者の生活・介護に関する実態調査業務委託仕様書」をご覧ください。

(4)契約期間

 契約締結日から平成29年3月31日

(5)委託事業費上限額

  8,052,284円(税込)

(6)契約書(案)

  「委託契約書(案)」のとおり

2 業務委託候補者の選定

 本業務の委託候補者は、公募型プロポーザル方式により行います。

 業務受託を希望される方は、公募型プロポーザルに参加し、提案を行ってください。

 提案内容等について審査の上、最も優れた能力を有すると認められたものを委託候補者とします。

 なお、プロポーザル参加に係る諸経費は参加者の負担となります。

3 公募型プロポーザルへの参加申込み

 プロポーザルへの参加を希望する方は

 参加申込書(様式第1号)(ワード:61KB) 、参加要件具備説明書類総括書(様式第1号附表)(ワード:68KB)に県税及び消費税を滞納していないことが確認できる書類等を添付の上、持参、郵送、又はメールにより提出してください。

(郵送、メールで提出した場合は、必ず到達したことを電話で確認を行ってください)

 なお、参加申込みをした後、契約の相手方が決定されるまでは、参加を辞退することができます。辞退する場合には辞退届(任意様式)を提出してください。

(1)参加申込書提出期限

 平成28年7月19日(火曜日)午後5時15分まで

(2)参加申込書提出先

 長野県健康福祉部 介護支援課 計画係(10参照)

4 公募型プロポーザル参加要件

   次に掲げる要件のいずれにも該当する者とします。

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項及び財務規則(昭和42年長野県規則2号)第120条第1項の規定により入札に参加することができない者でないこと。

(2)物品購入等入札参加資格者に係る入札参加停止措置要領(平成23年3月25日付け22管第285号)に基づく入札参加停止の措置を受けていないこと。

(3)長野県建設工事等入札参加資格者に係る入札参加停止措置要領(平成23年3月18日付け22建政技第337号)に基づく入札参加停止の措置を受けていないこと。

(4)営業に関し許可又は認可を必要とする場合において、これを得ていること。

(5)長野県暴力団排除条例(平成23年長野県条例第21号)第2条第2号に規定する暴力団員又は同条例第6条第1項に規定する暴力団関係者でないこと。

(6)法人にあっては県税、消費税及び地方消費税、個人にあっては県税、消費税、地方消費税及び個人住民税(個人の市町村民税・県民税)を完納していること。

(7)労働保険、厚生年金保険及び健康保険に加入する義務がある者にあっては、これらに加入していること。

(8)過去5年以内に国、地方公共団体、民間企業等からの委託を受けて高齢者福祉に関する調査業務を企画・運営した実績を有していること。

(9)宗教活動や政治活動を主たる目的とする法人や団体でないこと。

(10)当該業務に配置する責任者及び従事者は、同種業務の経験又は技術的適正を有していること。

(11)長野県庁等で行うプレゼンテーション及び業務遂行のための打ち合わせに参加できる者であること。

5 説明会

 実施しません。

6 企画提案の方法

 プロポーザルに参加される方は、下記により必要書類を提出してください。

(1)提出書類

(2)提出期限

 平成28年8月8日(月曜日)午後5時15分まで

(3)提出先

 長野県健康福祉部 介護支援課 計画係(10参照)

(4)提出方法

 持参又は郵送(郵送で提出した場合は、必ず到達したことを電話で確認を行ってください)

(5)提出部数

 6部(原本1部、写し5部)

(6)企画提案書の扱い

①企画提案書は複数提出することはできません。

②提出された企画提案書の内容は変更することはできません。(ただし、誤字脱字等の軽微なものを除く)

③提出された企画提案書は返却しません。

④提出された企画提案書は、企画提案書の選考以外には提出者に無断で使用しません。

⑤企画提案書に虚偽の記載をした場合は、失格とします。

7 審査

 委託候補者の選定は、「平成28年度長野県高齢者生活・介護に関する実態調査事業企画提案審査委員会」により、審査基準にに基づき行います。

 審査は、提出書類及びプレゼンテーション(審査会)により行います。日時は以下のとおりです。

(1)日時 平成28年8月10日(水曜日) 14時から ※時間は各参加者へ個別に通知します。

(2)場所 長野県庁 西庁舎106号会議室

(3)企画提案の所要時間 プレゼンテーション15分、質疑等10分

(4)選考結果については、別途文書で通知します。

(5)プレゼンテーションで虚偽の説明をした場合は、失格とします。

8 企画提案書に関する質問の受付

 本事業に対する質問は、次のとおりとします。

(1)受付期限

 平成28年7月26日(水曜日)午後5時15分まで

(2)受付方法

 業務等質問書(様式第2号)(ワード:64KB)をFAX又はメールにより提出するものとします。

(3)回答方法

 企画提案内容に係る質問の場合は、原則として非公開としますが、質問者に対してはFAX又はメールにより回答します。

9 契約手続き

(1)7の審査により選定された者を本事業の委託候補者とします。

(2)県は、長野県財務規則(昭和42年長野県規則第2号)に定める随意契約の手続きにより、受託候補者から見積書を徴取し、予定価格の範囲内であることを確認して契約を締結します。

(3)契約の際は、長野県財務規則第142条の規定により、原則として契約保証金(契約金額の100分の10以上)を納付するものとします。

10 書類の提出先・お問い合わせ先

〒380-8570(住所不要)

 長野県長野市大字南長野字幅下692-2

 長野県健康福祉 部介護支援課計画係(県庁4階)

 電話 026-235-7111(直通)

 FAX 026-235-7394

 メール kaigo-shien@pref.nagano.lg.jp

 担当 唐澤 利文

11 関係書類のダウンロード

  

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部介護支援課

電話番号:026-235-7111

ファックス:026-235-7394

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?