ここから本文です。

更新日:2016年7月25日

信州未来アプリコンテスト 0(ZERO) 

appcontest2016_title

 信州未来アプリコンテスト 0(ZERO)とは、「0(ゼロ)」から「1(イチ)」を踏み出そうとするクリエイティブな若者を応援するアプリケーションコンテストです。  

1 目的

 多様な産業分野で活躍できる高度なICT人材を育成するため、スマートフォン、タブレット端末、PC等で動作する自作のアプリケーションを募り、優れた作品を表彰します。

2 実施団体

(1) 主催

長野県、信越情報通信懇談会

(2) 後援

総務省信越総合通信局、長野県教育委員会、長野市、長野市教育委員会、国立研究開発法人情報通信研究機構、一般社団法人長野県経営者協会、長野県中小企業団体中央会、一般社団法人長野県商工会議所連合会、長野県商工会連合会、一般社団法人長野県情報サービス振興協会、学校法人信学会、日本マイクロソフト株式会社、VAIO株式会社、未来工作ゼミ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社NTTドコモ長野支店、東日本電信電話株式会社長野支店、信濃毎日新聞社、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野

3 内容

(1) 作品の募集テーマ

「誰かをしあわせにするアプリ」

 現在県では、長野県中期総合5か年計画「しあわせ信州創造プラン」を推進しています。家族、友だち、同僚等の身近な人から、不特定多数の人々まで、心に浮かんだ「誰か」を「しあわせ」にできるアプリを開発してください。

(2) 部門及び対象者

    次の3部門ごとに、対象となる個人又は団体(チーム)を募集します。

  • 小・中学生部門
    小学生、中学生
  • 高校生部門
    高校生
  • 大学生・一般部門
    高専生、大学生、大学院生、ICTエンジニア等(30歳未満の者)

(3) 発表会の日時及び場所

  • 日時
    平成28年12月23日(金・祝)10時から17時まで
  • 場所
    長野市芸術館 アクトスペース(長野市大字鶴賀緑町1613番地)

(4) 表彰

  • 大学・一般部門賞
    長野県知事賞、信越情報通信懇談会会長賞
  • 高校生部門賞
    総務省信越総合通信局長賞、信越情報通信懇談会会長賞
  • 小・中学生部門賞
    長野県教育委員会賞

(5) 「起業家甲子園・万博」への出場

 本コンテストは、国立研究開発法人情報通信研究機構が平成29年3月7~8日に開催する「起業家甲子園・万博」の信越地区大会に位置づけられています。優秀者は「起業家甲子園・万博」への挑戦権が与えられます。(http://www.venture.nict.go.jp/(外部サイト)) 

4 応募方法等

(1) 応募方法

    応募用紙に必要事項を記入し、作品資料を添付の上、事務局あてに電子メールにより提出してください。

  • 応募用紙はこちらからダウンロードしてください。参加申込書(ワード:14KB)
  • 作品資料は、アプリを開発した目的、特徴、動作環境、具体的な活用例、今後の展望が分かる資料を作成してください。(プロジェクターで投影しながらプレゼンテーションすることを意識して作成してください。)

(2) 募集期間

    平成28年7月25日(月)から平成28年11月13日(日)まで

(3) 応募条件

  • 応募は、1個人(団体)につき1作品とします。
  • 個人が複数の団体に所属することはできません。
  • アプリケーションは、スマートフォン、タブレット端末、パソコン等で動作し、原則として、発表会で実機によるデモンストレーションが実施できるものとします。
  • 次に該当するものは、応募できません。
     ・ 既に公開されているものと同一又は著しく類似するもの。
     ・ 第三者の著作権等の知的所有権を侵害する恐れのあるもの。
  • 著作権等の知的財産権に関して問題が発生した場合は、応募者の責任で対応するものとします。

5 審査

(1) 書類審査

  • 応募用紙及び作品内容資料に基づいて、作品がテーマに沿っているか、独創性の高さ、使いやすさ、実現可能性等を踏まえ、選考を行います。
  • 審査結果は、提出された応募用紙に記載された連絡先に通知します。(12月上旬頃送付予定)
  • 書類審査合格者には、発表会のプレゼンテーションに向けた助言を行います。

(2) プレゼンテーション審査

  • 書類審査合格者に、発表会でプレゼンテーションを実施していただきます。
  • プレゼンテーションは、一般に公開します。
  • 独創性の高さ、使いやすさ、実現可能性に加え、技術力、発表能力(プレゼンテーション能力)等を勘案し、総合的に審査します。
  • 発表時間(実機によるデモンストレーションを含む。)は15分を上限とし、審査員との質疑応答は5分程度とします。なお、参加申込の状況により、発表時間の調整を行う場合があります。

(3) 表彰式

    全ての発表終了後、結果発表及び表彰を行います。

6 注意事項

  • 提出書類は、返却しません。
  • 審査内容は、公表しません。
  • 応募用紙に記載された個人情報は、本コンテストに関連した目的の範囲内で使用します。
  • 応募作品の著作権等の知的財産権は当該作品の応募者に帰属しますが、他人の知的財産権を侵害しないよう十分に留意してください。著作権等に関して問題が発生した場合は、応募者の責任で対応してください。
  • 応募作品に係る法的保護(特許出願等)が必要な場合は、事前に各自の責任で行ってください。
  • 児童・生徒及び学生が、所属部活動・研究室等の研究テーマに関連した内容若しくは所属先の教諭の指導を受けた作品を応募又はプレゼンテーションする場合は、あらかじめ当該教諭の了承を得てから行ってください。
  • 小・中学生部門の書類審査合格者が、プレゼンテーションを行う場合は、保護者又は教諭が必ず同行してください。
  • 応募及びプレゼンテーションは、日本語で行ってください。
  • 各部門の発表者及び代表者は、各応募対象者の資格を有することを条件とします。
  • 発表会での発表者及び発表概要は、長野県ホームページ、本コンテストのホームページ及びFacebookページ等で公表します。
  • 本コンテストへの参加に要する一切の費用は、応募者の負担とします。

6 問合せ及び応募先

信州未来アプリコンテスト 0(ZERO)事務局長野県企画振興部情報政策課内)

【TEL】026-235-7138
【FAX】026-235-0517
【E-mail】app-contest@pref.nagano.lg.jp

  • 御質問は、電話・FAXではお受けできません。上記アドレスあてに電子メールで送信してください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部情報政策課

電話番号:026-235-7138

ファックス:026-235-0517

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?