ここから本文です。

更新日:2017年2月3日

信州未来アプリコンテスト0(ZERO) 

★当日の模様を収録したアフタームービーを制作しました。★
>>こちらよりご覧頂けます。(Facebookページへ外部リンク)

プレゼンテーション発表会は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。
次回も多数の参加をお待ちしております。
>>プレゼンテーション発表会の結果はこちらから

app-contest0-title2

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)とは、「0(ゼロ)」から「1(イチ)」を踏み出そうとするクリエイティブな若者を応援するアプリケーションコンテストです。

プレゼンテーション発表会の結果

平成28年(2016年)12月23日(金・祝)、信州未来アプリコンテスト0(ZERO)プレゼンテーション発表会を開催しました。当日の様子の一部及び結果を以下のとおり紹介します。

(1)プレゼンテーションの様子

プレゼンテーション01
最年少出場者(小6)によるプレゼンテーション

プレゼンテーション02
VR、AR、Iotを駆使したアプリの機能を寸劇で発表(高校生)

プレゼンテーション03
30分間の集中力を維持するためのアプリ(高専生)

プレゼンテーション04
県内の「かわいい」スポットを紹介するアプリ(大学生)

(2)特別講演

【昨年度起業家甲子園出場:長野大学 兼子亜弓氏】
自作アプリケーション「美肌手鏡」の開発状況について
特別講演01
昨年度出場した起業家甲子園の様子や、アプリの機能等を紹介

【株式会社jig.jp代表取締役/NICTメンター/IchigoJam開発者:福野泰介氏】
一日一創のススメ ~創造は最大の学びなり~
講演02
自身のモットーである「一日一創」をテーマに、創造の楽しさを講演
講演03
講演後、聴講者からの質問にも回答

(3)受賞結果

主催者表彰

長野県知事賞(大学生・一般部門)

岩手県立大学 yurue(ユルイー)
「『かわいい信州を求めて旅する』女の子のための地域情報発信メディアアプリHashigo」

総務省信越総合通信局長賞(高校生部門)

長野県岡谷工業高等学校電気部
「ほっと幸せ コーヒーミル」

長野県教育委員会賞(小・中学生部門)

BeeTreeプログラミング教室 山邉英明
「忘れ物防止プログラム」

信越情報通信懇談会会長賞(大学生・一般部門及び高校生部門より1点ずつ)

長野高専電子情報工学科 坂田和也 「ThirtyPlayList」
長野県松本工業高等学校 電子工学部 「Assistance to watch over(バーチャル介護:見守りの支援)」

特別賞

審査員特別賞(小・中学生部門)

BeeTreeプログラミング教室 大塚琉翔 「シューズSELECTOR」
長滝谷晋司 「TECH SPEAK」

Yahoo!きっず賞(小・中学生部門)

BeeTreeプログラミング教室 山邉英明 「忘れ物防止プログラム」

Yahoo! JAPAN賞(大学生・一般部門または高校生部門から1点)

岩手県立大学 yurue(ユルイー)
「『かわいい信州を求めて旅する』女の子のための地域情報発信メディアアプリHashigo」

VAIO賞(各部門から1点ずつ)

長野高専電子情報工学科 坂田和也 「ThirtyPlayList」
長野県駒ヶ根工業高等学校 アプリ班 「ネットデンジャー ネットトラブル体験アプリ」
BeeTreeプログラミング教室 滝沢丈 「AED Simulator」

KDDI賞(各部門から1点ずつ)

長野高専電子情報工学科 岩崎団 「点字初学者のための学習支援アプリ」
長野県長野工業高等学校 情報技術班 「EARTH DEFENCE」
長滝谷晋司 「TECH SPEAK」

ソフトバンク賞(高校生部門または小・中学生部門から1点)

BeeTreeプログラミング教室 大久保李音 「献立メーカー」

NTTドコモ長野支店賞(各部門から1点ずつ)

信州大学工学部 先田真太郎 「AR FOOD EDUCATION APP」
長野県岡谷工業高等学校 電気部 「ほっと幸せコーヒーミル」
BeeTreeプログラミング教室 大塚琉翔 「シューズSELECTOR」

起業家甲子園出場

長滝谷晋司
「TECH SPEAK」

受賞
たくさんのご参加ありがとうございました。

 

▲TOPへ戻る

 

信州未来アプリコンテスト0(ZERO)について

多様な産業分野で活躍できる高度なICT人材を育成するため、スマートフォン、タブレット端末、PC等で動作する自作のアプリケーションを募り、優れた作品を表彰します。

(1)作品の募集テーマ

「誰かをしあわせにするアプリ」

現在県では、長野県中期総合5か年計画「しあわせ信州創造プラン」を推進しています。家族、友だち、同僚等の身近な人から、不特定多数の人々まで、心に浮かんだ「誰か」を「しあわせ」にできるアプリを開発してください

(2)実施団体

主催

長野県、信越情報通信懇談会

後援

総務省信越総合通信局、長野県教育委員会、長野市、長野市教育委員会、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、一般社団法人長野県経営者協会、長野県中小企業団体中央会、一般社団法人長野県商工会議所連合会、長野県商工会連合会、一般社団法人長野県情報サービス振興協会、学校法人信学会、ヤフー株式会社、日本マイクロソフト株式会社、VAIO株式会社、未来工作ゼミ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社NTTドコモ長野支店、東日本電信電話株式会社長野支店、株式会社八十二銀行、信濃毎日新聞社、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野

(3)「起業家甲子園・万博」への出場

本コンテストは、国立研究開発法人情報通信研究機構が平成29年3月7~8日に開催する「起業家甲子園・万博」の信越地区大会に位置づけられています。優秀者は「起業家甲子園・万博」への挑戦権が与えられます。
参考:http://www.venture.nict.go.jp/(外部サイト)

 

▲TOPへ戻る

 

プレゼンテーション発表会について

(1)日時及び会場

日時

平成28年(2016年)12月23日(金・祝)10:00~16:30 (9:30開場)

会場

長野市芸術館アクトスペース(長野市大字鶴賀緑町1613番地)
JR「長野」駅より徒歩約12分/長野電鉄「市役所前」駅2番出口より徒歩約3分
会場ホームページ:https://www.nagano-arts.or.jp/(外部サイト)

小・中学生部門

(当日は以下の順番で発表)
学校名・団体名 氏名 作品名
個人参加(小6) 大塚琉翔 シューズSELECTOR
個人参加(中1) 滝沢丈 AED-Simulator
個人参加(中1) 大久保李音 献立メーカー
個人参加(中1) 山邉英明 忘れ物防止プログラム
個人参加(中3) 長滝谷晋司 TECH SPEAK

高校生部門

発表順は当日くじ引きで決定
学校名・団体名 氏名 作品名
松本工業高等学校 鈴木謙太、青森大晴、上條智広、小林伶羽、坂本涼夏 Assistance to watch over
駒ヶ根工業高等学校 木下知輝、小木曽涼太、小出蓮、中上皓太、米山雄登

ネットデンジャー
~ネットトラブル体験アプリ~

岡谷工業高等学校 浅井威風、有賀孝一、垣崎明 ほっと幸せコーヒーミル
長野工業高等学校 清水峻司、林大生、金子静、堀口幸祐  EARTH DEFENCE

大学生部門

発表順は当日くじ引きで決定
学校名・団体名 氏名 作品名
信州大学工学部 先田真太郎 AR FOOD EDUCATION APP
長野高専電気情報工学科 坂田和也 ThirtyPlayList
長野高専電気情報工学科 岩崎団 点字初学者のための学習支援アプリ
岩手県立大学yurue(ユルイ―) 今野遼太、山内友貴、門脇春麗、功刀剛、千葉友理杏 『かわいい信州を求めて旅する』女の子のための地域情報発信メディアアプリHashigo
長野大学田中・望月ゼミナール 加藤誉生、箱田賢人、山根涼、武井誠矢、荒井美奈穂、吉村季峰 小諸城CG体験アプリVer.2

 

 

(3)発表方法

 

  • MicrosoftPowerPoint形式またはAppleKeynote形式の作品資料により、プレゼンテーションを行ってください。その後、審査員との質疑応答の時間を設けます。
  • 1人(チーム)あたりの発表時間(実機によるデモンストレーションを含む。)は10分を上限とし、審査員との質疑応答は5分程度とします。
  • WindowsPCはこちらで用意しますが、PC等を持ち込む場合は事前にお知らせください。持ち込みPCは、HDMI出力ができるものに限ります。
  • アプリケーションのデモンストレーション(動画含む)は、発表時間内で行ってください。なお、使用する端末及び対応する出力形式を事前にお知らせください。
  • 資料のページ送りは、発表者又はチームが行ってください。
  • その他不明な点や発表方法に関してのご相談は、信州未来アプリコンテスト0(ZERO)事務局までお問い合わせください。

(4)表彰

全てのプレゼンテーション発表終了後、結果発表及び表彰を行います。

小中学生部門賞

長野県教育委員会賞【1点】

高校生部門賞

総務省信越総合通信局長賞【1点】
信越情報通信懇談会会長賞【1点】

大学・一般部門賞

長野県知事賞【1点】
信越情報通信懇談会会長賞【1点】

特別賞

審査員特別賞、Yahoo!きっず賞、Yahoo!JAPAN賞、VAIO賞、KDDI賞、ソフトバンク賞、NTTドコモ長野支店賞

福野泰介氏「一日一創のススメ~創造は最大の学びなり~」

創造のハードル、自分で高くしていませんか?
苦悩の中にあった2012 年の元日、web の神様に毎日アプリを創ると決めた「一日一創」から1800 日。アイデアは日常から産まれ、技術はアイデアをカタチにする。創造を日課にしたことで始まった連鎖とは?

講演者 福野泰介氏
福井高専電子情報工学科卒(福井県鯖江市在住)
(株)jig.jp代表取締役社長(jigブラウザ、jigtwi、IchigoJam開発者)
Code for Sabae / Fukui 代表(W3C メンバー、オープンデータ伝道師)
WEBサイト:http://fukuno.jig.jp/(外部サイト)
Twitter:@taisukef(外部サイト)

審査について

審査員

大手智之 [株式会社アソビズム 代表取締役]

小山明彦 [一般社団法人長野県情報サービス振興協会 人材開発副委員長]

塩沢宏昭 [長野県企画振興部情報政策課長]

中村善幸 [総務省信越総合通信局 情報通信部長]

不破 泰 [情報通信懇談会会長 / 国立大学法人信州大学 総合情報センター長]

松原雄一 [長野県教育委員会 教学指導課主任指導主事]

山崎克之 [国立大学法人長岡技術科学大学 教授]

 審査基準

以下の5つの視点を勘案してプレゼンテーション審査を行います。

  • テーマとの整合性(「誰かをしあわせにする」ものであるか。)
  • 独創性の高さ(既存の概念に捉われないものであるか。)
  • 使いやすさ(実際に使っていたくなるものであるか。)
  • 技術力(信頼できる技術により構成されているものであるか。)
  • 発表能力(分かりやすいプレゼンテーションであるか。)

 

▲TOPへ戻る

注意事項

  • 提出書類は、返却しません。
  • 審査内容は、公表しません。
  • 応募用紙に記載された個人情報は、本コンテストに関連した目的の範囲内で使用します。
  • 応募作品の著作権等の知的財産権は当該作品の応募者に帰属しますが、他人の知的財産権を侵害しないよう十分に留意してください。著作権等に関して問題が発生した場合は、応募者の責任で対応してください。
  • 応募作品に係る法的保護(特許出願等)が必要な場合は、事前に各自の責任で行ってください。
  • 児童・生徒及び学生が、所属部活動・研究室等の研究テーマに関連した内容若しくは所属先の教諭の指導を受けた作品を応募又はプレゼンテーションする場合は、あらかじめ当該教諭の了承を得てから行ってください。
  • 小・中学生部門の書類審査合格者が、プレゼンテーションを行う場合は、保護者又は教諭が必ず同行してください。
  • 応募及びプレゼンテーションは、日本語で行ってください。
  • 各部門の発表者及び代表者は、各応募対象者の資格を有することを条件とします。
  • 発表会での発表者及び発表概要は、長野県ホームページ、本コンテストのホームページ及びFacebookページ等で公表します。
  • 本コンテストへの参加に要する一切の費用は、応募者の負担とします。

 

▲TOPへ戻る

お問い合わせ

信州未来アプリコンテスト 0(ZERO)事務局長野県企画振興部情報政策課内)

【TEL】026-235-7138
【FAX】026-235-0517
【E-mail】app-contest@pref.nagano.lg.jp

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部情報政策課

電話番号:026-235-7138

ファックス:026-235-0517

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?