ホーム > 教育・子育て > 子ども・若者支援 > 施策・計画 > 子どもを性被害から守る取組みに関する情報 > 「長野県子どもを性被害から守るための条例(仮称)骨子(案)」へのご意見を募集します

ここから本文です。

更新日:2016年3月30日

「長野県子どもを性被害から守るための条例(仮称)骨子(案)」へのご意見を募集します 

 長野県は、これまで全国の都道府県の中で唯一、いわゆる青少年保護育成条例を持たず、住民運動、事業者の自主規制、行政の啓発により、地域ぐるみで青少年の健全育成に取り組んできました。

 しかし、近年、大人のモラルの低下やインターネット、携帯電話等の発展・普及など、子どもを取り巻く社会環境の大きな変化などにより、子どもの性被害に対する県民の懸念の声が高まる中で、県では平成25年5月に「子どもを性被害等から守る専門委員会」を設置し、子どもを性被害から守るための取組に関する検討を開始しました。専門委員会から平成26年3月に出された報告書(資料1)では、現状の対策の延長では子どもを性被害から守りきれないとして、子どもを性被害から守るための限定的な条例制定の必要性が提言されました。

 県では、条例を制定するためには、処罰規定に係る構成要件の明確化等法的課題の整理と県民理解を得ることの二つが重要であると考え、まず、法律の専門家から成る検討会において、法的課題の整理を行った上で、平成27年9月に「条例のモデル」(資料2)を取りまとめていただきました。その後、この条例のモデルを基に、幅広い県民の皆様との意見交換を行いましたが、結果を総括すると、条例制定そのものに関しては、肯定的なご意見が大半でした。

 こうしたことを踏まえ、平成28年2月1日に「子どもを性被害から守るための条例に関する基本的な方針」(資料3)を決定し、県として条例制定が必要との判断を行いました。

 今回、ご意見を募集している「長野県子どもを性被害から守るための条例(仮称)骨子(案)」は、予防のための教育から、県民運動の推進、被害者支援まで、子どもの性被害防止に特化した全国初の条例骨子(案)として、県が取りまとめたものです。

 広く県民の皆様からのご意見をお待ちしております。

 なお、長野県におけるこれまでの青少年健全育成の取組及び子どもを性被害から守るための取組に係る検討経緯については(資料4)を、「威迫等による性行為の禁止」に係るQ&Aについては(資料5)をご覧ください。

 【ご意見をいただく内容及び意見提出様式】

 【関連資料】

1募集事項

 「長野県子どもを性被害から守るための条例(仮称)骨子(案)」へのご意見

2募集期間

 平成28年3月25日(金曜日)~平成28年4月25日(月曜日)(必着)

3閲覧方法

 上記【ご意見をいただく内容及び意見提出様式】及び【関連資料】をご覧ください。また、長野県県民文化部次世代サポート課、行政情報センター、各地方事務所行政情報コーナーでもご覧いただけます。

4ご意見の提出方法

 次のいずれかの方法で長野県県民文化部次世代サポート課まで提出してください。

 【郵送】〒380-8570(住所記載不要)

 長野県県民文化部次世代サポート課あて

 【ファックス】026-235-7087

 【電子メール】jisedai@pref.nagano.lg.jp

5ご意見の取扱い

 お寄せいただいたご意見については、後日、内容と県の考え方を一括して公表する予定です(個別の回答は行いませんのでご了承ください)。

 内容についてご確認させていただく場合もありますので、差し支えない範囲で、お名前、電話番号等の連絡先をお書きください。

 いただいた個人情報は、他の目的には一切使用しません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民文化部次世代サポート課

電話番号:026-235-7210

ファックス:026-235-7087

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?