ホーム > 仕事・産業・観光 > 能力開発 > 職業能力開発支援 > 長野県障がい者技能競技大会:大会概要

ここから本文です。

更新日:2017年7月28日

ながのアビリンピック(長野県障がい者技能競技大会)概要

1 趣旨

 障がいのある方々が、職場や学校などで培った技能を競う大会です。

 大会を通じて、大会参加者にはその職業能力の向上を図っていただき、県民の方には障がい者の職業能力についての理解と認識を深めていただきたい、そんな願いを込めて、昭和50年以来毎年開催している大会です。

2 主催

  • 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構長野支部
  • 長野県
  • 長野県教育委員会

3  大会情報

 第43回ながのアビリンピック(長野県障がい者技能競技大会)

日時

平成29年7月22日(土曜日) 9時00分~16時00分

会場

松本市総合体育館
松本市美須々5−1

競技種目・定員・対象者及び競技課題・競技時間

競技種目・定員・対象者及び競技課題・競技時間についてはこちらをご覧ください。

結果

10種目に89名が出場し、32名が入賞しました。
受賞者一覧はこちら(PDF:101KB)をご覧ください。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業労働部人材育成課

電話番号:026-235-7202

ファックス:026-235-7328

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?