ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)11月プレスリリース資料 > 第37回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)に出場した長野県選手5名が入賞しました

ここから本文です。

更新日:2017年11月19日

第37回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)に出場した長野県選手5名が入賞しました

長野県(産業労働部)プレスリリース平成29年(2017年)11月19日

第37回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)は、栃木県において11月17日(金曜日)から19日(日曜日)に開催され、盛況のうちに閉幕しました。大会では、長野県選手5名が入賞しました。

入賞者

(敬称略)

成績 種目 氏名 所属
銀賞 ビルクリーニング 与曽井 瑞穂 エプソンミズベ株式会社 豊科工場
銀賞 製品パッキング 平林 昌也 エプソンミズベ株式会社 湖畔工場
銅賞 電子機器組立 横内 庄一 エプソンミズベ株式会社 湖畔工場
銅賞 フラワーアレンジメント 笠井 友花 長野県長野養護学校高等部 朝陽教室
努力賞 ワード・プロセッサ 前川 哲志 信州ビバレッジ株式会社

 大会の概要

全国障害者技能競技大会は、障がい者が日ごろ培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が障がい者に対する理解と認識を深め、その雇用の促進と地位の向上を図ることを目的に、昭和47年から原則として国際アビリンピックが開催される年を除き毎年開催されています。

(1) 日程:平成29年11月17日(金曜日)~11月19日(日曜日)
(2) 開催地:栃木県宇都宮市全3会場
(3) 種目数:22種目
(4) 出場者数:372名(うち長野県選手10名10種目)

※詳細は以下のホームページをご覧ください。

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 https://www.jeed.or.jp/disability/activity/abilympics/index.html(外部サイト)

とちぎ技能五輪・アビリンピック2017 http://www.tochigi-ginouabirin.jp/(外部サイト)


しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中
担当部署 産業労働部 人材育成課 人材育成支援係
担当者 (課長)浅岡龍光 (担当)山崎浩希、辰野聡
電話

026-235-7202(直通)

026-232-0111(代表) 内線2995

ファックス

026-235-7328

メール jinzai@pref.nagano.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?