ここから本文です。

更新日:2018年4月10日

先輩からのメッセージ

大町建設事務所 用地課  高橋 恍貴 (平成29年度入庁 行政)

Q 県職員になろうと思った理由は?
A 生まれ育った長野県に、行政という立場から貢献することができる仕事に就きたいと考え、県職員を目指しました。また、数年ごとの異動で県内各地の地域・文化に触れることができ、様々な形でアプローチできる仕事に魅力を感じたからです。

Q 現在どのような仕事をしていますか?やりがいは?
A 公共事業のために、土地の所有者の方から土地を買収する仕事をしています。事業に協力して頂けるように、コミュニケーションを重ねる中で信頼を得ることが大切なことにやりがいを感じています。

Q 長野県のよいところって何?行ってみたいところ、おすすめのところは?
A 四季折々の自然や食材等の移り変わりが身近に感じられることです。

Q これから挑戦したいこと、やってみたいことは?
A 登山とスノースポーツに挑戦したいです。プレッシャーをかけるために、どちらも道具を一式揃えたので、その買い物を無駄にしないためにも行くのみです!運動不足な状況が続いているので、まずはハーフマラソンにも挑戦して自分を追い込んでみようと思っています。

Q 先輩から欲しいアドバイス、役にたったアドバイスは?
A 相手の立場に立って話をするというアドバイスを心に留めています。特に私の仕事は土地の所有者の方々と接する機会が多いため、行政側からの一方通行の視点ではなく、相手方の声に耳を傾けて考えることを心がけています。

 

 

 

お問い合わせ

人事委員会人事委員会事務局

電話番号:026-235-7465

ファックス:026-235-7492

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?