ここから本文です。

更新日:2017年4月19日

県民を支え、その夢を実現する組織編成、人材育成をめざして

総務部長 小林 透

28soumubutyou

 
 「家族を愛し、友を愛し、地域を愛する職員が責任感と倫理観を強く胸に抱き、専門的知識、経験を着実に蓄積し、冒険を恐れず、胸襟を開いて地域へ、県民の間へと飛び込む。そこで多くの人々と信頼関係を築きつつ、共に荒れ野も開拓して、誰もが住みやすい地域をつくる」――。これが私の想い描く「県職員の未来像」です。

  総務の使命とは、「県民の『しあわせ』の実現に向け、県組織が一丸となって活動できる柔軟な組織を編成し、人材を育成すること」と言えます。

 以上の想いを踏まえ、本年度は次の観点を重視し、業務に取り組んでまいります。

◆行政経営方針の推進
  本年4月に新たに策定した「長野県行政経営方針」に基づき、「県庁時短プロジェクト」による職員の総労働時間の短縮に努めるほか「ペーパーレス会議」、「電子決裁」等による業務の効率化を進め、「行政サービスの質と生産性の向上」に積極的に取り組みます。
   また、コンプライアンスの推進については、単なる法令順守という受け身の姿勢に留まらず、社会の環境変化に応じて、ルール自体の見直しに柔軟に取り組んでまいります。

◆地域重視・現場重視の組織編成
  地域で生じている課題や県民ニーズにスピード感をもって主体的・積極的に課題解決に当たるべく本年4月に地域振興局を新たに設置しました。また、全県的に専門性が求められる税務業務を独立して行うため、県下10か所に県税事務所を設置しました。
  本年度も引き続き、県民の期待に応えることができる県庁・現地機関を目指して、地域密着・県民目線で行動する組織の編成に取り組んでまいります。

 

お問い合わせ

総務部人事課

電話番号:026-235-7137

ファックス:026-235-7395

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?