ここから本文です。

更新日:2017年4月28日

長野県職員の給与等の状況

 ■ 職員の給与・定員管理等について

 ・ 長野県の給与・定員管理等について(平成28年度)(PDF:775KB) 

 ・ 長野県の給与・定員管理等について(平成27年度)(PDF:622KB)     

  

  ・ 他の都道府県の状況は、こちら(外部サイト)をご覧ください。

     (総務省のホームページへのリンク)

  ・ 長野県内の市町村の状況は、こちらをご覧ください。

    (長野県企画振興部市町村課のホームページへのリンク)

 ■ 等級及び職制上の段階ごとの職員数の公表について

 ■ ラスパイレス指数の状況

  • ラスパイレス指数とは、国家公務員の給与水準を100とした場合の地方公務員の給与水準を示す指数です。 
  • 本県のラスパイレス指数は、給与カット期間中(平成15年度~平成17年度)は、下記のとおり全国最低水準となっていました。
 

平成15年度 95.8(全都道府県中47位)

平成16年度 93.5(全都道府県中47位)

平成17年度 93.4(全都道府県中46位)

平成18年度 99.2(全都道府県中28位)

平成19年度 98.8(全都道府県中35位)

平成20年度 99.0(全都道府県中25位)

平成21年度 98.9(全都道府県中23位)

平成22年度 98.1(全都道府県中31位)

平成23年度 98.1(全都道府県中34位)

平成24年度 106.3(全都道府県中35位)       参考値(※)98.2

平成25年度(25.4.1) 106.5(全都道府県中35位) 参考値(※)98.4

                  (25.7.1) 100.0(全都道府県中29位)

平成26年度 98.6(全都道府県中37位)

平成27年度 98.1(全都道府県中39位)

平成28年度 99.4(全都道府県中32位)

 

 ※「参考値」は、国家公務員の時限的な(2年間)給与改定特例法による措置が無いとした場合の値

    

  ■ 給与カットについて

  • 大北森林組合の補助金不適正受給問題に関し、県政の責任者である知事としての責任を明らかにするため、知事の給料を減額しました。

<給与カットの内容(平成28年3月22日から平成28年6月21日まで)> 

特別職の職員 知事    給料を△10%

 

  • 地方交付税等の削減に対応するため、平成25年7月1日から平成26年3月31日まで、給与カットを実施しました。
 

<給与カットの内容(平成25年7月1日から平成26年3月31日まで)>

特別職の職員

知  事

副知事

教育長、代表監査委員

給料を△15%

給料を△12%

給料を△10%

議    長

副議長

議  員

報酬を△12%

報酬を△11%

報酬を△10%

一般職の職員

部課長等の職員

係長等の職員

主事等の職員

給料を△8.4%

給料を△6.7%

給料を△3.8%

・上記に加え、管理監督の地位にある一般職の職員に対しては、給料の特別調整額(管理職手当)を10%カットしました。     

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部人事課

電話番号:026-235-7137

ファックス:026-235-7395

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?