ホーム > 飯田建設事務所 > プレスリリース > プレスリリース(発表資料) > 県道松川大鹿線が通行不能になった場合、緊急車両は、小渋ダム土砂バイパストンネルを走行し、大鹿村へ向かいます。

飯田建設事務所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年12月19日

県道松川大鹿線が通行不能になった場合、緊急車両は、小渋ダム土砂バイパストンネルを走行し、大鹿村へ向かいます

県道松川インター大鹿線の全面通行止めに伴い、松川町-大鹿村間をつなぐ迂回路を県道松川大鹿線としております。万が一、県道松川大鹿線も通行不能になった時に備え、国土交通省中部地方整備局天竜川ダム統合管理事務所のご協力のもと、下記のとおり対応することとしました。

中川村大草(小渋ダム西)~大鹿村大河原(桶谷)について、緊急車両は、土砂バイパストンネルを走行し、大鹿村へ向かいます。なお、照明等安全施設が設置されておらず、すれ違いが難しい区間があることから、一般車両が通行することはできません。

プレスリリース資料には位置図も記載しております。併せてご覧ください。

プレスリリース資料(PDF:658KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

飯田建設事務所 

電話番号:0265-53-0450

ファックス:0265-24-5412

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?