ホーム > 飯田建設事務所 > 事業概要 > 主要地方道松川インター大鹿線法面崩落について

ここから本文です。

更新日:2018年5月2日

飯田建設事務所

主要地方道松川インター大鹿線法面崩落について

主要地方道松川インター大鹿線法面崩落対策検討会議

 平成29年12月15日に主要地方道松川インター大鹿線の四渡トンネル(仮称)坑口付近にて発生した法面崩落について、東海旅客鉄道株式会社からの発生原因及び復旧対策に関する報告に対し、県として専門家の意見を聴きながら照査を行う検討会議を平成30年3月27日に長野県庁にて開催いたしました。

 会議の内容は以下のとおりです。

1.会議出席者

 会議の出席者は以下のとおりです。

  • 報告者:東海旅客鉄道株式会社
  • 専門家:信州大学工学部名誉教授 小西純一

   長野県地質ボーリング業協会 土屋好幸

  • 県関係者:飯田建設事務所長、道路管理課長、道路建設課長

2.会議内容

 会議の内容は以下のとおりです。

  • 発生原因及び復旧対策に関する報告及び照査
  • 照査結果に対する今後の対応

 検討事項まとめ(PDF:33KB)

3.報告書

 検討会議における東海旅客鉄道株式会社からの報告の概要については以下のとおりです。

 東海旅客鉄道株式会社公表資料(PDF:1,125KB)

 今回の会議結果を踏まえた報告書について、下記ページに記載しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:長野県飯田建設事務所 

長野県飯田市追手町2-678

電話番号:0265-23-1111

ファックス番号:0265-24-5412

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?